おひたしは上司の心得?部下の報連相に対する正しい対処法とは?

おひたしは上司の心得?部下の報連相に対する正しい対処法とは?

報連相とおひたし。

最初聞いた時は、誤変換か何かかと思っていました。

 

「おひたし」とは、業務上の報連相の時に上司が気を付ける事です。

 

ここでは、「おひたし」について書いています。

 

報連相とおひたしとは

 

上司が報連相のシステムを使う際におひたしは重要です。

では、報連相とおひたしとは何なのでしょうか。

 

報連相とは

 

報告、連絡、相談。

これらの頭文字をとって報連相と呼ばれています。

 

職場での上司、部下のコミュニケーションの術を指しています。

 

大抵の企業で報連相は体系化されています。

どういったタイミングで、どの様な内容を報連相すれば良いかがルール化されているはずです。

 

 

おひたしとは

 

報連相に対して、「おひたし」とは上司が報連相を受けた際の対応を指します。

 

お=怒らない

ひ=否定しない

た=助ける

し=指示する

 

各頭文字をとって、以上のような意味になっています。

 

おひたしがないと

 

報連相を受けた際におひたしが無いと、部下に報連相を継続してもらえません。

おひたしは円滑に報連相を行うための上司の心構えです。

 

部下が報告を断念する

 

部下の報連相の中には聞かなくても解るような稚拙な内容や、失敗の報告が含まれています。

それらの報連相を受けた際に上司が怒ったり、否定してしまうと部下は次からの報連相をスムーズに行えなくなります。

 

部下は、報連相をルールとして実施しています。

つまり指示通りに業務を行っている事になります。

 

指示どおりに報連相を行った部下を怒鳴りつける、連絡内容を否定する。

部下からすれば理不尽極まりない状況です。

 

報告を指示したのはルールを執行している上司のはずです。

報告内容に関して感情的に接していては仕事は円滑に回りません。

 

おひたしが無ければ、部下からの報連相は途絶えてしまいます。

 

人は嫌な事は、何かと理由を付けて避けてしまいがちです。

上司が直ぐに怒ったり否定的であれば、理由を付けて報連相を避けてくるでしょう。

 

結果として、必要な情報は上司の元まで届かなくなってしまいます

 

適切な対処が出来ない

 

情報が上司の元まで上がってこなければ、上司は適切な判断が出来ません。

 

上司は部署の管理を行っています。

しかし、部署の仕事を最前線で行っているのは部下の方です。

 

仕事の状況を一番解っているのは上司ではなく部下の方です。

 

部下が報連相を避けている状況では、部署の問題に適切な対処は行えません。

 

信頼関係を築くおひたし

 

おひたしは、部下との信頼関係を気付くうえで重要です。

部下に対して感情的に接しないのは上司の態度としては基本中の基本です。

 

話を聞くと信頼関係も向上する

 

否定せずに話を聞く事で部下は上司に報告しやすくなります。

 

おひたしの怒らない、否定しないは部下との信頼関係構築に役立ちます。

部下との信頼関係を築く際には、部下の話を最後まで聞く必要が有るからです。

 

上司の仕事を完遂する上で、部下との信頼関係の構築は最重要です。

なぜなら、上司1人で出来る事には限界が有るからです。

 

信頼関係の築けていない上司は、部下に指示を出す事もままなりません。

おひたしは、部下に対する対応全てに当てはまる内容になります。

 

心理的安全性が上がる

 

心理的安全性とは、そのメンバーの中で発言しても大丈夫だと言う感覚の事です。

心理的安全性の低いチームは、ミーティングでチームリーダーしか話さなかったりします。

 

上司が話を聞けている状態なら、上司に対する部下の心理的安全性は高い事になります。

この心理的安全性を上げるためには部下の話を否定せずに最後まで聞く必要があります

 

おひたしは心理的安全性の向上にも役立ちます。

 

まとめ:おひたしは上司の心得

 

  • おひたしとは怒らない、否定しない、助ける、指示する事
  • 部下に報連相を維持してもらうにはおひたしが必要
  • おひたしを使う上司は部下との信頼関係を築く
  • 部下と上司の間の心理的安全性が向上する

 

ここまで、おひたしの事を書いてきました。

しかし、部下との信頼関係構築に関しておひたしは言うまでもなく当たり前の事です。

 

それでも世におひたしと言う言葉が出て持て囃されると言う事は

いかに上司が部下の話を聞かないか。

いかに上司が部下を理不尽に怒るか。

と言うことの表れだと思います。

 

上司にとって部下は絶対に必要な存在です。

部下との信頼関係構築のために報連相におひたしが付いているかどうか考えてみる事をお勧めします。

 

この記事以外の上司と部下の信頼関係構築に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です