会社を休む理由は当日に連絡しても大丈夫?有給、早退に関するまとめ

会社を休む理由は当日に連絡しても大丈夫?有給、早退に関するまとめ

仕事を行う上で、やむを得ず遅刻、早退をする事もあると思います。

また、休みたいときに休まずに無理をして出社している人もいる事でしょう。

 

有給休暇は権利です。

有効活用して、万全の状態で仕事に挑んでほしいと思います。

 

ここでは、有給休暇、遅刻、早退に関する記事をまとめてあります。

有給休暇の扱い

 

有給休暇は法律で定められた労働者の権利です。

法律上は前日までの申し出がルールとして定められています。

 

 

有給休暇の取得

 

当日に有給休暇を取得出来るかどうかは会社の就業規則次第です。

前日までに申し出るのがルールなので欠勤扱になる可能性があります。

 

大半の企業は欠勤扱いにはしない様です。

ですが、就業規則を確認しておくに越したことはないでしょう。

 

ここでは、有給休暇を取得した事によって発生する問題について。

そして取得の仕方や、取得の際に企業が行えることなどを書いています。

 

関連記事

 

 

早退時の有給の扱い

 

早退も有休と同じく前日までに申請していないと欠勤の可能性があります。

こちらも就業規則次第となります。

 

有給休暇もそうですが、権利なのは事実です。

ですが、会社に迷惑を掛ける取得の仕方は出来るだけ避けた方が良いでしょう。

当日に連絡するのは欠勤になるからではなく、会社の負担を考えて避けるべきです。

 

ここでは、早退をする時に気を付ける事や連絡方法を書いています。

 

関連記事

 

寝坊による遅刻

 

遅刻も前もって連絡してあれば有給休暇です。

ですが、寝坊に関しては前もって連絡できません。

 

寝坊した時の対応

 

寝坊をした時に一番問題なのは本人が慌てている事です。

実際に寝坊した人が出社時に交通事故という事例は有ります。

 

また、寝坊するぐらい体調が悪いのに出社されるのも問題です。

 

ここでは、寝坊した際に気を付ける事や会社への連絡方法を書いています。

 

関連記事

 

寝坊の対策

 

寝坊をするのは基本的には寝不足が原因です。

しかし、寝不足は本人が気付かない時もあります。

 

人はしばらく睡眠不足で過ごした場合、睡眠不足の状態でも麻痺して気付きません。

そして、いつもより少し多めに寝ただけで十分寝たと判断します。

 

ここでは、寝不足に気付かずに寝坊を繰り返す事への対策について書いています。

 

関連記事

有給休暇の義務化

 

2019年4月から年次有給休暇の取得が義務化されます。

会社側が正しく運用するかどうかを確認する意味でも義務の内容を知っておくべきです。

 

義務化の内容

 

2019年4月より年次有給休暇の取得が義務化されます。

しかし、義務化される事により、普段の仕事が忙しくなるとの懸念もあります。

 

そうした懸念事項への対策は管理職側の行う事です。

ですが、どういったリスクがあるのかを知っておく方が良いでしょう。

 

有給取得を見越した急な仕事内容の変化が有るかもしれません。

 

ここでは年次有給休暇の消化義務についての内容。

そして、改めて有給休暇の取得方法について書いています。

関連記事

まとめ:休む理由を当日に連絡しても大丈夫か

 

有給休暇の扱いについては、法律と就業規則で微妙に違います。

 

なぜか日本は有給休暇を取らない(取らせない)社風の所が多いような気がします。

どういった権利の物なのかを知っておく方が有給をスムーズに取得できると思います。

 

有給、遅刻、早退は普段は余り関わりないかもしれません。

ですが、もしもの時のために就業規則を確認しておいてスムーズに利用できるようにしておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です