部下育成のポイントは?新卒も問題児も指導教育する方法や考え方の総まとめ

新卒も問題児も指導教育する方法や考え方の総まとめ

部下育成は上司の仕事の根幹です。

 

仕事を最前線でこなしているのは部下です。

部下が居るから上司は部署の仕事が管理出来ます。

 

部下は人間なので、その性格や特性は千差万別です。

 

しかし、どのような部下であっても育てられなければなりません。

育てられなければ、部署の能力は底上げされず上司が昇進する道も断たれてしまいます

 

 

能力のない部下を育てるには

 

誰でも最初は仕事が出来ません。

能力が無い部下を育てるのは、部下育成の基本です。

 

新入社員を教育する方法

 

新入社員は能力が無い事に加えて自社の環境に慣れていません。

また、新卒であれば社会人である事そのものに慣れていません。

 

そういった状態の部下に教育訓練を施す場合は、お互いの認識の差を埋める必要があります

 

そういった新しく会社の仲間になった、会社の環境に不慣れな人を教育するための記事がまとめてあります。

 

関連記事

 

皆より劣った部下を教育する方法

 

新入社員でもないのに他人より仕事が出来ない部下も当然居ます。

仕事が出来ないから育てるのだとしても、長い間育たなかったので見込みが無いかもしれません。

 

そういった部下に対して行うべき指導の仕方や、上司の考え方をまとめた記事がこちらになります。

 

関連記事

 

言う事を聞かない部下を育てるには

 

部下は人間であってロボットではありません。

言えば何でも聞き入れてくれる訳ではありません。

 

ですが、特に言う事を聞かない反抗的な部下も居ます。

 

そういった部下を教育するには如何すれば良いのでしょうか。

 

問題児の育成方法

 

何らかの理由で上司の指導を聞き入れなくなってしまっている部下。

そんな部下であってもみなと同じように教育を施していかなければいけません。

 

大体の場合、指導や指導を聞き入れなくなってしまった事には理由があります。

理由があるなら対策も可能です。

 

こちらでは、言う事を聞いてくれなくなってしまった部下の教育方法についてまとめてあります。

 

関連記事

 

ミスした部下を効率よく育てるには

 

部下に限らず、人は失敗をします。

そして失敗から多くを学びます。

 

失敗から多くを学ばせるには、それが可能な部署作りが必要です。

 

ミスを無駄にしない教育方法

 

失敗は放置するから失敗になります。

失敗が放置されず、対策までをスムーズに行われるようになった時、失敗は失敗ではなくなります。

 

失敗を放置せず、対策をスムーズに行う部署作りや失敗した部下を委縮させない方法。

そして、上司が部下の何処を指摘、指導していくべきかをまとめてあります。

 

関連記事

 

 

まとめ:部下育成のポイントは

 

部下育成には人を育てる技術が必要です。

人を育てる技術は教えるべき事を理解している事と共に教える事と育てる事の違いを理解している必要があります。

 

もし、部下が育たないなら間違いなく上司の責任です。

これまで100人に近い人を育ててきましたが、育たなかった人は皆無です。

 

皆が習得するのを苦手としている人を育てる技術を身に着け、更に上を目指せる上司になるようにお勧めします。

 

このカテゴリーに関するまとめ記事を全てまとめた「全まとめ」記事はこちらになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です