上司と部下の関係はどんな形が良いの?信頼される態度や振る舞い方のまとめ

上司と部下の関係はどんな形が良いの

上司と部下の関係は近すぎても遠すぎても仕事で問題が起きます。

 

上司と部下の距離感は信頼関係の有る無しに掛かっています。

決して仲の良し悪しではありません。

 

上司と部下の在り方のなかで特に仲の良し悪しについての記事をまとめてあります。

 

上司と部下の距離感

 

上下関係の意味を正しく理解していれば、正しい距離感が解ります。

正しい距離感は、お互いが信頼して仕事が出来る形です。

 

上下関係の意味

 

上下関係は、特に新卒の社員には理解されないと気が有ります。

学生時代に運動系の上下関係の厳しい部活などに所属していれば別ですが、大抵は理解されません。

 

上下関係には、どちらが偉いとかは有りません。

単に情報をまとめて分析して指示しているのが上司で、部下がそれに従うと言う命令系統です。

 

ここでは、理解され難い上下関係の意味について書いています。

 

関連記事

 

 

部下に嫌われた方が良い?

 

「嫌われるのが上司の仕事」

こういう風に説明される事が有ると思います。

 

上司は基本的には部下には好かれません。

好かれようとする行動の大半は上司の業務と相いれないため、立場を危うくする行動です。

 

ここでは嫌われるのが仕事なのは何故なのかを書いています。

 

関連記事

 

仲良くする方が良い?

 

上司は部下に指示します。

一見、指示を聞いてもらい易くするためには仲良くする方がよさそうに思えます。

 

しかし、実際には仲良くしようと上司が振る舞う事には多くのデメリットがあります。

 

ここでは、仲良くしようと上司が振る舞った時にどういった事が起こるのかを書いています。

 

関連記事

 

感情をコントロールする

 

上司は感情をコントロールする必要があります。

感情のままに部下に接すると信頼関係を損なってしまいます。

 

感情のコントロールは上司の仕事をする上での基本となります。

 

怒る事の弊害

 

上司も人間なので頭に来ることは有ります。

しかし怒る事はデメリットしかありません。

 

そして、良く勘違いされますが叱る事と怒る事は全く違います。

 

ここでは、上司が怒る事によって部下の心理で何が起こっているのかを書いています。

 

関連記事

 

感謝を伝えるメリット

 

上司は感情をコントロールします。

そして部下とは仲良くできません。

 

そうすると、一見部下との間には人間的なやり取りは必要ないのかと思えます。

 

しかし、実際の所は適度な距離感を持ちながら信頼を伝える方法が有ります。

それが感謝を言葉にする事です。

 

ここでは、お礼を伝える事の意義とお礼と褒美の違いを書いています。

 

関連記事

 

まとめ:上司と部下の距離感は

 

上司は上下関係を理解しているから上司として振る舞えます。

 

しかし、本当は部下にも理解してもらう必要があります。

大抵の人は親が子を持って初めて親の苦労を知るように、部下を持って初めて上下関係を理解します。

 

上下関係は業務を円滑に行うためのシステムです。

正しい上下関係を実践するためには、上司は振る舞い方に細心の注意が必要です。

 

職場では常に感情をコントロールして上司として振る舞い、部下と信頼関係を築く事をお勧めします。

 

この記事以外の部下との信頼関係構築に関する記事のまとめ記事を、こちらでまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です