上司と部下の間に信頼関係を築く方法は?構築のコツと実施すべき手段のまとめ

上司と部下の間に信頼関係を築く方法は

上司と部下の間には信頼関係が必要不可欠です。

上司の指示を部下が無条件に守るのは信頼関係が成立するからです。

 

信頼関係が有るのは仲が良いのとは似て非なるものです。

 

ここでは、信頼関係の意味や構築方法について書かれた記事をまとめてあります。

 

信頼関係の構築

 

信頼関係を構築するには上司は部下の話に耳を傾け、必要に応じて部下の業務をフォローする必要があります。

仲良くするのとは違い、部下に仕事を任せつつもフォローする必要があります。

 

コミュニケーションを取る

 

信頼関係の構築においては、まず何をおいてもコミュニケーションを取る事です。

 

普通、上司は話しかけ難い存在です。

そのため、上司が気遣わないと部下との間には溝が出来てしまいます。

 

ここでは、上司が部下から話を聞くために気を付けるべき事について書いています。

 

関連記事

 

マンツーマンで話す

 

部下は時間と共に胸の内に悩みや不満を溜め込みます。

 

普段、どんなに上司が話しかけやすい存在になろうとも話し難い事は存在します。

そのため、個人面談等を用いて部下とマンツーマンで話す時間を作る事が有用です。

 

ここでは、個人面談の有用性と実際に面談の時に部下にどう応対するべきかを書いています。

 

関連記事

報連相の実施

 

報連相の実施は上司が部署を管理するために必須です。

 

報連相は信頼関係が構築されている状態で最大の能力を発揮します。

そして、報連相自体にも信頼関係への影響が有ります。

 

報連相をルール化する

 

上司との信頼関係が有る無しに関わらず、報連相をシステムとして運用するにはルールが必要です。

 

報連相は社会では一般的ですが、学生には一般的ではありません。

そのため、新卒の社員には報連相についての指導が必要です。

 

ここでは、報連相を導入する方法やルール化に際して気を付ける事を書いています。

 

関連記事

 

 

報連相での信頼関係の築き方 

 

報連相される内容には、上司の感情を乱す内容も含まれています。

それは、部下の失敗や、職場の問題等です。

 

上司の報連相に対する振舞は、部下の信頼関係に影響を与えます。

 

ここでは、報連相を受ける際に気を付けるべき事について書いています。

 

関連記事

 

心理的安全性の確保

 

信頼関係は部下の考えや思いを上司が聞く形で維持されます。

つまり、部下が離せない状態では信頼関係は維持できません。

 

部下が話し易い職場が心理的安全性の高い職場です。

 

心理的安全性を高めるには

 

心理的安全性と言う言葉を聞いた事が無い人もいるかも知れません。

 

心理的安全性とは、その環境で発言しても良いと思える心理の事です。

これが低いと言う事は、部下は自分の意見を発言しないと言う事です。

 

ここでは心理的安全性の意味と高める方法について書いています。

 

関連記事

 

まとめ:上司と部下の間に信頼関係を築く方法は

 

部下との信頼関係構築に必要なのは、上司の聞く能力です。

 

上司は立場上、部下に一方的に話してしまいがちです。

しかし、上司に必要なのは聞く力の方です。

 

部下の話を聞き出す能力が高まるほど、職場の管理は簡単になります。

 

部下の話に耳を傾け、部下が話し易い職場環境を構築して部署の管理を行い易くする事をお勧めします。

 

この記事以外の部下との信頼関係構築に関する記事のまとめ記事を、こちらでまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です