部下の指導の仕方が難しい?泣き出す新人の対応方法は?

部下が泣き出した

 

 

私は指導が厳しい方です。

上司としては規律を守る為には時に厳しい対応も必要です。

しかし、場合によっては泣き出されたりする場合もあります。

 

特に新入社員等の若い感情豊かな人に多い、感極まって泣き出す状態。

私の様な年配管理職は対応に困ります。

 

では、部下が泣き出した時の対応はどのようにすれば良いのでしょうか。

 

何故泣かれているのか

 

感極まった時に泣く事を制御できない人も居ます。

その一方で、何かあったら泣けばいいと考えている人も居ます。

 

泣く事で気持ちが安らぐ

 

泣く事に抗ストレス作用が有るのは有名な話です。

目の前の現実が辛いものだと人は泣いて心を落ち着けようとします。

 

この時の辛いか辛くないかの判断は、その人の経験によるものです。

人によって同じような状況でも泣いたり泣かなかったりするのは、その為です。

 

叱っている最中に泣かれるのなら、あまり叱られた事が無いのかもしれません。

勿論こちらが非道な事を言ったり行ったりしていないのが前提です。

 

泣くという習慣

 

過去の成功体験から泣く方が得だと学習して泣く癖がついている人も居ます。

 

このタイプの人は、気に入らない事が有ると泣きます。

泣く事で色々な場面を切り抜けてきたので反射的に泣きます。

 

どちらにしても泣かれている間は相手は興奮している状態です。

指導は意味を成しません

 

叱る時の要領で対応する

 

では、どうやって対応するべきなのか。

基本的にはマンツーマンの会話に持ち込むのが有効です。

 

他の人の目が無い場所に移動する

 

こちらが泣かせているのを見られるのも辛いですが。

泣いているのを見られて本人が晒し物にならないように配慮が必要です

 

先ずは別室等の他の人の目が無い場所に移動しましょう。

 

落ち着くまで経ってから話す

 

泣くのを待ってから指導の続きを行います。

この際、泣かせた事を謝ったり泣くのを止めるように言ってはいけません

 

泣かせた事を謝るのは、自分の指導が誤っていたと受け取られてしまいます。

指導に間違いが無いのなら謝る必要は有りません。

可哀そうですが相手が勝手に泣いているだけです。

 

泣いている事に関わると、泣く癖が収まりません

落ち着くまで黙って待つようにしましょう。

 

落ち着いたら、泣いたことに触れずに

「続きを話しても良いか」

とだけ聞くのが有効です。

 

いずれにしても、泣いた事に触れると話が頓挫してしまいます。

 

泣かない部下にするには

 

泣いて得する場面は仕事ではほぼ有りません。

であれば、泣かない部下に育てる方が良いでしょう。

 

では、どうやって泣かない部下に育てればいいのか。

 

次からどうするかに集中させる

 

大体の場合は、どうしたら良いのか解らないから泣くという形です。

次からどうすれば良いのかと言う対策を考えるのに集中させるのが有効です。

 

毎回泣く様なら、時間はかかりますが上記の様に泣き止むのを待ってから次からどうするべきかの指導を行います。

自分で問題解決出来るようになると、自然と泣かなくなります。

 

泣かずに次を考えられるようになるまで粘り強く教える必要が有ります。

 

泣く部下の方が泣かなくなった時に成長する

 

泣くという事は興奮している状態で本来の力を発揮できていません。

 

指導を行い泣かないようになってくると、本来の能力を発揮するので俄然仕事が出来るようになります。

 

そうなるまでに、気が滅入る様な時間の指導が必要かもしれませんが。

育てるという事は時間が掛かるものです。

 

まとめ:部下の指導中に泣かれた時は

  1. 泣く事が癖になっている人も居る
  2. 別室等で泣き止んでから指導する
  3. 泣いた事には一切触れない
  4. 指導を続ける中で泣かなくなる

 

上司は何時でも部下を使って仕事をしなければいけません。

泣き虫な部下も、嫌いな部下も、直ぐ怒る部下であってもです。

 

ですが、どんな部下でもどうすれば良いかを教えて導く事は出来ます。

また、上司は何時でも毅然としていなければ部下は着いて来てくれません。

部下の涙程度で動揺しないようにしましょう。

 

その他の未熟な部下の指導育成に関する記事はこちらにまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です