職場で同僚との人間関係で悩んでいる?同期との人付き合いの方法のまとめ

職場で同僚との人間関係で悩んでいる?同期との人付き合いの方法のまとめ

会社の人間関係では上司、部下に加えて同僚との付き合いがあります。

 

同僚との付き合いは立場が同じである事から、考え方が学生時代の交友関係の延長線上になってしまいがちです。

ですが、仕事での人間関係は仕事特有のものです。

 

ここでは、同僚との人間関係について書いた記事をまとめてあります。

 

同僚との付き合い方

 

同僚との付き合い方は友人の様な関係にしてしまう人が多いと思います。

そして、人間関係の悩みは友人の様に付き合っている事と仕事との間で発生しやすいです。

 

 

仕事の人間関係の基本

 

職場での人付き合いは仕事を軸に回っています。

お互いが仕事の関係を意識していると破綻しません。

 

しかし、一方、あるいは両方が普通の交友関係の様に付き合おうと思うと問題が起こります。

仕事上での関係なので仕事の良し悪しの影響を受けてしまうのです。

 

ここでは、職場の人間関係では適切な距離が必要な事を書いています。

 

関連記事

 

仲が良い方が良い?

 

仲が悪いのと良いのなら良い方が良いはずです。

ですが、仕事で仲が良いのは友達と仲が良いとは意味が違います。

 

仕事での仲なので仕事の信頼関係が成立するのが仲が良いです。

友達のように仲が良いのはデメリットになります。

 

ここでは、同僚と仲良くする事によって発生するメリットとデメリットについて書いています。

 

関連記事

同僚のミスが多い時

 

仕事には得手不得手があります。

同僚の方がミスが多い時もあるでしょう。

 

その場合、適切な距離をもって仕事をしていれば問題ありません。

しかし、交友関係が有って仲良くしているとミスの巻き添えを食う事もあります。

 

同僚がミスが多い時

 

同僚のミスが多い場合に出来る事は何でしょうか。

仕事を代わってあげたり、助けてあげたりできるかも知れません。

 

しかし、仕事は上司の指示で動いています。

 

上司の許可なく同僚の仕事を手伝ったりするべきではありません。

許可なく行われた仕事によって新たな問題が発生するかも知れません。

 

ここでは、同僚のミスに対してのスタンスはどういった物が良いかを書いています。

 

関連記事

 

責任転嫁への対処

 

同僚も人間です。

場合によっては悪質な同僚も居るかも知れません。

 

仕事は上司が管理しています。

しかし、上司も四六時中全ての仕事を監視している訳ではありません。

場合によっては管理不行き届きでミスの責任の所在が解らない時もあります。

 

そうした場合に同僚のミスをかぶせられた場合にどうすれば良いでしょうか。

 

ここでは、責任転嫁が有った場合に取るべき処置や考え方について書いています。

 

関連記事

 

仕返ししたい時

 

どうしても同僚の態度が我慢ならない時もあるでしょう。

あまりお勧めしませんが、仕返しする方法を書いておきます。

 

どうしても言い返したいとき

 

同僚がどうしても我慢ならない時もあります。

そうでなくても、同僚から一方的に有る事無い事言われ続ける時もあるでしょう。

 

そういった場合には我慢するだけでなく反撃する必要があります。

 

同僚に限らず、人は反撃してこない相手には攻撃し続けます。

我慢し続けるのは攻撃を続けても良いと言うサインになってしまいます。

 

ここでは、同僚から一方的に言われ続ける状況になった場合の反撃手段を書いています。

 

関連記事

 

まとめ:職場で同僚との人間関係で悩んでいる時は

 

同僚は、立場が同じで気安いので学生時代の学友の様に扱う人が多いです。

 

しかし、会社に来ている以上は社員全員が仕事仲間でしかありません。

仕事仲間の距離感を謝るとお互いに不幸な状態になります。

 

お互い仕事をするために集まった仲間としてプロフェッショナルな仕事をするために適度な距離感で付き合う事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です