会社で同僚のミスが多いので困る?余計な被害を受けない対処や対応の仕方は?

会社で同僚のミスが多いので困る

仕事での失敗の責任は大抵の場合誰も取りたがりません。

そのため、適当な人に責任転嫁してしまう人もいます。

 

これは責任転嫁する人も問題ですが、された方にも問題は有ります。

 

責任転嫁を防ぐ方法を書いています。

 

失敗の対策は本人の責任

 

部署の失敗は指示した上司の責任です。

つまり、責任転嫁が発生した場合は上司の監督不行き届きになります。

 

そして、失敗に対策するのは当人の責任です。

 

責任転嫁があると対策できない

 

失敗の有った業務を指示されていたのが誰か。

これは、失敗の責任である対策を実施する際に重要です。

 

上司は確かに失敗の責任を負います。

しかし、失敗の詳しい状況を知っているのは失敗した本人です。

 

責任転嫁が発生した場合、失敗の対策は正しく行えません。

 

教育係は連帯責任

 

失敗している同僚に教育係が居る場合は教育係と連帯責任です。

そのため、教育が掛かりは同僚の仕事内容を管理する必要が有ります。

 

管理出来ない場面で失敗される場合。

例えば教育係の人が業務が忙しくて同僚の面倒が見れない場合等。

この場合は上司に相談して、善後策を考えてもらう必要が有ります。

 

当事者意識を持つのは良い事

 

同僚の失敗の巻き添えを食わないためには当事者意識を持つと良いです。

同僚と言う事は同じ部署の人間です。

 

その失敗は結局は部署の問題と言う事になります。

当事者意識を持っている方が上司の心証も良いでしょう。

 

悪い見本として受け取れる

 

同僚の失敗を悪い見本として受け取り、自分だったらどうやって防ぐか対策するかを考えるのは有効です。

場合によっては対策案を上司に代わりに提示できるかもしれません。

 

失敗が多い人は当事者意識が低い人が大半です。

対策も後手に回りがちなので、代わりに対策案を提示するのは上司にとっても有り難いはずです。

 

余裕が有ったら助けるのは有り

 

失敗が発生してしまうと部署の問題になります。

予見されている失敗の発生は出来るだけ避けるべきです。

 

失敗ばかりする同僚が次の失敗をしそうなら可能なら防いでおきましょう。

 

この場合、あくまでも自分の業務に影響が出ない範囲で行動しましょう。

余計な事をして自分の業務に悪影響が出ては本末転倒です。

 

被害を受けないためには

 

当事者意識をもった方が良いとしても他人の仕事は他人の仕事です。

余計な被害を被るのは出来るだけ避けたいところです。

 

そのためには、失敗の多い同僚の失敗をどうするのかを決めておくのが有効です。

 

責任区分をはっきりさせる

 

上司は失敗に対策する責任があります。

と言う事は、失敗が多い同僚に対して対策を行いたいはずです。

 

この時、誰が対策を行うのかをはっきりさせておくと、被害を被るのは対策の責任がある人だけになります。

 

対策する責任がある人は、当然失敗の多い人の仕事を管理使用とするはずです。

失敗の兆候を見つけたら対策の責任を受け持っている人に連絡する様にすれば余計な被害を防げます。

 

下手な親切心を出さない

 

責任区分を超えて同僚の失敗を防ごうとすると、失敗してしまった場合に失敗の責任と責任区分を超えた責任を負ってしまいます。

 

余計な被害を被らないためには責任区分を守る必要があります。

対策をするのが教育係や上司なら、失敗を予見したり発見したら報告すれば済みます。

 

その時に対策を指示された場合だけ同僚と共に対策しましょう。

 

仲が良いからとか、後輩だからと言う理由で責任区分を超えると痛い目を見るだけになります。

 

責任転嫁が多い様なら上司に相談しておく

 

同僚が故意に責任転嫁を行うようなら、その旨を上司に報告しておきましょう。

その場合の対処法を上司も考えてくれるはずです。

 

先にも書いた通り上司は対策する義務があります。

そして、責任転嫁されているばあい失敗の実情を知らない事で対策が出来ません。

 

上司も、その状況は困るので適切な対応を取ろうとしてくれます。

 

 

まとめ:同僚のミスが多いので困った時は

 

  1. 失敗を責任転嫁されると対策できない
  2. 上司には対策する義務が有る
  3. 失敗を予見したら上司に報告する
  4. 指示されたのでなければ、親切心等で下手に助けない
  5. 責任転嫁が有る様なら、その旨を上司に相談する

 

失敗ばかりする人は、大抵の場合は当事者意識がありません。

自分が失敗するのは周囲の環境の問題だと思っています。

 

それは、たとえ口では「失敗して申し訳ありません」と言っていたとしても繰り返される失敗が責任感の欠如を物語っています。

 

失敗そのものは部署の、ひいては会社の問題です。

会社の問題なので上司と協力して対応していくことをお勧めします。

 

これ以外の失敗に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

また、この記事以外の同僚との関係に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です