信頼関係を築くのが難しいケースもある?仕事で部下の状態や状況に合わせた解決策まとめ

信頼関係を築くのが難しいケースもある?仕事で部下の状態や状況に合わせた解決策まとめ

信頼関係を築くのに必要な事は、上司が部下の話に耳を傾ける事と部下の要望に応える事です。

それが解っていても、難しい状況もあります。

 

ここでは、部下との信頼関係を築いたり維持するのが難しい状況での上司の振る舞い方をまとめています。

 

 

通常の、難しくない?部下との信頼関係の築き方については、こちらにまとめてあります。

 

 

部下との年齢に差が有る

 

部下が年上になるケースは稀にあります。

 

上下関係と年齢は本来関係ありません。

しかし、誰しも年上に指示を出すのは気が引けます。

また、年上の人は年下から指示されるのは良い気分ではないはずです。

 

年上の人が部下になった場合の対応について書いています。

 

年上の部下と信頼関係を築くには

 

部下の方が年上だと、どうしてもお互いが意識してしまいます。

 

上司の方が年上なら人生経験と業務経験の両方で部下よりも優れるため、指示は容易です。

ですが、部下が年上なら能力では部下が勝る場合もあります。

 

その場合の信頼関係の築き方は、上司は上司として振る舞う事。

そして、部下の意見を公平に聞き入れる事です。

 

相手が年上だと意識し過ぎると公平さを欠きます。

 

ここでは、年上の部下が取りがちな態度に対して上司がどう振る舞うべきかを書いています。

 

関連記事

 

年上の部下への指示や指導で問題を出さないために

 

年上の部下が優秀だったとしても、指導や指摘をする時が来ます。

この時に、相手のプライドを逆撫でする様な指導をしてしまうと信頼を損ないます。

 

年上だと言う事は経験が豊富で知識もあるため、指導を受ける事そのものに屈辱を感じる可能性もあるからです。

 

ここでは、年上の部下に対して指示、指導を行う際の注意点を書いています。

 

関連記事

 

 

業務と部下の優先度

 

部下の話を聞き、要望に応えるのが信頼関係の築き方です。

ですが、いつでも部下の要望を聞き入れられるわけではありません。

 

業務に悪影響が出る部下の申し出を受け入れる場合、上司は業務と部下との信頼関係の双方でリスクを分析する必要があります。

 

急な欠員時に信頼を損なわない方法

 

欠員が出れば業務に支障が出ます。

部下に明らかな過失が有る遅刻等と違い、理由のある早退の場合でも欠員が出る事に変わりは有りません。

 

この場合、欠員が出る事によるリスクを考慮する必要があると考えられがちです。

 

しかし、実際の所は理由に限らず早退を認めてしまった方がリスクがありません。

 

ここでは、早退を例にとって部下からの申し出を受けた方が良い理由について書いています。

 

関連記事

 

 

厳しい指導で問題を出さない方法

 

部下に厳しい指導を行わなければならない時もあります。

繰り返される失敗や、故意に行われた業務でのルール違反等がそれにあたります。

 

この時、上司は厳しく接した事により信頼を損なってしまいがちです。

 

ここでは、パワハラを例に挙げて、厳しい指導を行う際に上司の協力や基準を設ける等で部下への指導に公平感を出す方法を書いています。

 

関連記事

 

まとめ:信頼関係を築くのが難しいケースでは

 

信頼関係は築き方も重要ですが、維持するには上司が常に部下に配慮する必要があります。

業務に追われて部下への配慮が疎かになると信頼関係は簡単に崩れてしまいます。

 

逆に、常に部下の側に立った視線で業務のシステムを構築できるなら信頼関係を損なう心配は有りません。

 

業務のシステムは企業の利益を最大化するために構築、改善されます。

ですが、利益を生み出すのは現場で業務に従事している社員です。

 

社員の目線に立った業務システムの構築を行い、信頼を築いて維持できる上司になるようにお勧めします。

 

この記事以外の部下との信頼関係構築に関する記事のまとめ記事を、こちらでまとめてあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です