部下育成のポイントは指摘の仕方?失敗を無駄にしない指導方法のまとめ

部下育成のポイントは指摘の仕方

部下育成では指摘のタイミングと方法が重要です。

 

部下育成も他の仕事と違い納期を設けられることは少ないと思います。

しかし、一秒でも早く育てられれば無駄を減らせます。

 

部下を効率よく育てるには的確に指摘し、失敗を無駄にしない環境作りが必須です。

 

部下育成を効率よく行うためのまとめを書いています。

 

部下育成は仕事を任せるところから始まる

 

部下を育成するのなら、仕事を任せない事にははじまりません。

任せるのが苦手な上司は多くいます。

 

任せるのが怖いと躊躇わない為に

 

部下に仕事を任せるのが不安なのは誰でも一緒です。

しかし、任せ方にもフォローの仕方にも有効な方法はあります。

 

部下に仕事を任せなければ、部下の仕事はいつまでたっても上司の手伝いの域を出ません。

これでは部下の責任感が育ちません。

 

部下に仕事を任せる際に上司が気を付けるべきことが書いてあります。

関連記事

 

部下育成では適切な指摘が必要

 

部下に仕事を任せた後は部下の仕事ぶりに対して様々な指導、指摘が必要です。

上司の心持として大切なのは、決して部下の成長に満足しない事です。

 

部下のタイプによって指摘部分が異なる

 

部下は大別して二つのタイプに分けられます。

 

失敗しやすくて作業が早いタイプ。

失敗しにくいが作業が遅いタイプ。

この二つのタイプのどちらかに寄っています。

 

部下のタイプによって指摘の仕方は多少異なります。

 

部下のタイプによって、どう指摘するべきかを書いています。

 

関連記事

 

部下の仕事は指摘出来るところが必ずある

 

部下の失敗を指摘するのは上司の仕事です。

中には失敗とは呼べないような軽微なミス等も存在します。

 

上司が「このぐらいは良いだろう」と満足すると部下の成長は止まります。

しかし、重箱の隅を突く様に指摘しても効果はありません。

 

こちらでは、効果的な指摘の方法とタイミングについて書いています。

 

関連記事

 

部下育成では部下の失敗を歓迎する

 

人は失敗から多くを学びます。

しかし、上司の対応によっては部下は失敗に委縮して本来の力を発揮できなくなります。

 

失敗の繰り返しを防ぐには

 

失敗を歓迎するとは言っても同じ失敗を繰り返すのは例外です。

失敗が繰り返される場合には別の指導が必要になってきます。

 

ここでは、部下が失敗を繰り返す際に、部下の中で起こっている問題点について書いています。

 

関連記事

 

失敗を無駄にしないためには

 

歓迎した失敗の時を無駄に過ごしては、失敗はただの失敗で終わってしまいます。

失敗した時にこそ上司と部下が行うべき仕事があります。

また、それらを一連の仕事の流れとして落とし込んでおく必要があります。

 

ここでは、失敗を無駄にしないための環境作りを書いています。

 

関連記事

 

まとめ:部下育成のポイントは指摘の仕方

 

人は何かを任されることによって責任感が育ち、任された仕事に当事者意識を持つことによって改善を考えられるようになります。

 

部下に仕事を任せるのは失敗を許容する度量がないと不可能です。

 

しかし、度量だとか器だとか気持ちの問題にしても始まりません。

失敗も仕事の内だと考えられる職場環境作りが部下育成においての上司の役割と言えます。

 

部下の成長に決して満足せずに、さらに上を目指せる様に指摘していきましょう。

そして、部下が失敗した時に安心して対策を考えられる環境を整える事をお勧めします。

 

この他の部下育成に関わる全ては、こちらの記事でまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です