言う事を聞かない部下の指導方は?問題児の部下育成のコツや方法のまとめ

言う事を聞かない部下の教育方法まとめ

上司はどんな部下であっても育てれられなければなりません。

 

しかし、明らかに上司に反抗的な部下も存在します。

そういった場合にはどうやって指導、教育を行っていけばいいのでしょうか。

 

反抗的な部下の指導教育方法を、まとめてあります。

 

プライドが高い部下の育成

 

プライドが高い部下は、指示や指導に対して反抗的な時があります。

そんな部下に対しても行える教育方法はあります。

 

年上の部下を育てるには

 

年上の部下はプライドが高いことが多いです。

それは経験に裏付けられた知識からくるものであったり、単に年下に従いたくない我儘であったりします。

 

そんな年上のプライドを上手く使った指導、教育方法があります。

そして、指導、教育を通して年上の部下を皆を導く頼もしい部下に変えることも可能です。

 

関連記事

 

プライドだけが高い問題児を育てるには

 

特に能力が高い訳ではないのにプライドだけが人一倍高い部下も存在します。

 

プライドだけが高いので指導、教育は行い難く尚且つ能力がないので扱いにくい部下です。

 

このタイプの部下の本質を見抜いて指導する方法もあります。

プライドだけが高い理由を部下本人に理解させれば、他の部下のように指導教育も可能になります。

 

関連記事

 

上司より優秀な部下の育成

 

上司より優秀なので指導、教育など必要ないのでは?

そう思われがちですが、優秀であっても部下を育て続ける必要があります。

 

優秀な部下でも指導、育成は必要

 

優秀な部下でも放置すると問題になります。

 

どんなに優秀でも管理していないと怠けだします。

そんな部下に、指摘して気付きを与えるのも上司の仕事です。

 

部下の方が優秀で扱い難いとしても、優秀故に上司の仕事を任せる事が出来ます。

特に、それ以外の部下の指導を任せる事によって上司は手を空かせて他の業務に取り掛かれるようになります。

 

関連記事

 

優秀な部下の退職は部下育成で防げる

 

また、飛び抜けて優秀な部下ほど退職しやすい傾向があります。

これは成長感が失われるのが原因です。

 

部下の方が優秀だからと遠ざけて放置していると、せっかくの優秀な人材が退職という事になりかねません。

退職を防ぐには上手く指導、教育を行っていく必要があります。

 

関連記事

 

嫌いな部下、苦手な部下の育成

 

上司の仕事と部下育成は切り離せません。

なぜなら部下の能力が部署の能力そのものだからです。

 

どんなに部下の事が嫌いでも、苦手でも、感情を抜きにして部下を育てなければなりません。

 

嫌いな部下を育てるには

 

嫌いな部下でも関わりを断って育てないことは許されません。

これは嫌いな部下本人への影響はもとより、部下を放置する事によって発生する不平等に問題があります。

 

不平等な態度では、他の部下にも軽んじられてしまいます。

 

しかし、嫌いな部下を育てるメリットは大いにあります。

そして育てる際のコツや方法も存在します。

 

関連記事

 

まとめ:言う事を聞かない部下の指導方は

 

部下がどんな気質だろうと必ず指導方法は存在します。

 

指導、教育には他の業務と同じく専用の技術が必要です。

それは人を教育する技術です。

 

これを身に着けるには色々な人を育てて経験を積む必要があります。

そして、問題児を育成するほど上司の教育する技術は磨かれます

 

苦手意識を持たずに、自分自身の成長のためにも問題児こそ手厚く教育を施すのをお勧めします。

 

この他の部下育成に関わる全ては、こちらの記事でまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です