部下が退職し難い方法は?辞める原因を取り除く部署作りのまとめ

部下が退職し難い方法は?辞める原因を取り除く部署作りのまとめ

部下が退職するのは大抵は部署に問題が有ります。

そして部署に問題が有ると言う事は、上司が対応する事が可能です。

 

ここでは、部下が辞め難い職場作りについての記事をまとめてあります。

 

退職原因の自分の時間が無いを取り除く

 

働く事に慣れてくると、時間が無い事にもある程度は折り合いがつく様になってきます。

ですが、自分の時間をもっと持ちたいと考えている人がほとんどです。

 

自分の時間を持てない事は、転職の就職先候補として有給の取り易さが重視されている事でも明らかです。

 

有給休暇を取得しやすくする

 

有給休暇を取得されると、残りのメンバーで仕事をこなす事になります。

特に中小企業は人員に余裕がないため、一人休むと業務が滞るようになりがちです。

 

これらの理由から、有給休暇は上司も部下も取り難い場合が多いです。

そして、お互いに遠慮してしまって誰も休まなくなってしまいがちです。

 

ここでは、有給休暇を皆が取りたがっている事。

そして、取得するために改善するべき業務内容について書いています。

 

部下の要求を受け入れやすくする

 

有給休暇や早退等の部下の要求を受け入れ続けると業務が立ち行かなくなります。

 

部下の要求を受け入れる事は信頼関係構築にも欠かせません。

ですが一方的に受けれいれ続けるのは不可能です。

要求を受け入れるだけの義務をこなしてもらう必要があります。

 

ここでは、部下の要求を受け入れる事の重要性。

そして、要求を受け入れて部下に義務を果たしてもらう方法を書いています。

 

退職原因の人間関係を改善する

 

仕事の人間関係は、プライベートの物とは違います。

プライベートの人間関係の様に仲良くするのではなく、信頼関係で結ばれているのが仕事です。

 

信頼関係が構築されていれば、意思疎通が容易になります。

そのため、多少の不満は補い合えます。

 

部下との信頼関係を構築して辞める原因を探る

 

部下が退職を突然切り出してくるのは上司が退職の相談相手として信用できないからです。

 

もともと、上司は相談し難い存在になりがちです。

ですが、相談し難い上司のままでは退職の事のみならず業務にも支障が出ます。

 

ここでは、退職を事前に知るための信頼関係の構築の重要性。

そして、退職の対応から原因への対策を行う方法を書いています。

 

退職原因となる働き難い職場環境を改善する

 

退職の原因の一つには働き難い職場環境があります。

働き難いというニュアンスは人によって異なる部分もあります。

 

ですが、働き難いままになる原因は問題が改善されない事に有ります。

 

失敗が負担にならない様にする

 

部下は、作業で失敗した時が最も心的負担が大きくなります。

 

失敗した事による自信喪失。

自身が成長していない事への不満。

そして、叱責される事による人間不信です。

 

失敗を無くす事は出来ません。

ですが、失敗を活かす事は出来ます。

 

ここでは、失敗した時に部下が感じている心的負担。

そして、失敗を負担にせずに改善に活かす方法を書いています。

 

 

ルールを守りやすい様にする

 

ルール通りに行われない業務は失敗等でのやり直しのリスクが大きくなります。

ですが、一般的にルールは守り難くいうえに守る事によって業務が滞る邪魔なものとして扱われがちです。

 

ルールは仕事上必要な物で無くす事は出来ません。

無くす事が出来ないのに仕事上は煩わしい存在、なので邪魔にならないルールに改善していく必要があります。

 

ここでは、ルールが守られない理由。

そして、守り易くするためにはどうするべきかを書いています。

 

 

 

まとめ:部下が退職し難い職場作り

 

部下が退職する原因は必ず職場の中にあります。

職場に有ると言う事は対策が可能です。

 

退職を告げられてから引き留めるのは単なる処置です。

大事なのは処置ではなく、その後の対策です。

 

部下の退職に対策を行うには職場環境を改善するしかありません。

 

環境改善は大変だと感じるかも知れません。

ですが、要は部下と協力して上司も部下も働き易い仕事の落としどころを探す作業です。

 

上下間で協力して職場環境を改善する行為は、お互いにメリットがあるので信頼関係を構築しやすくします。

そういう意味でも退職に対策するのは意義があります。

 

部下から退職を告げられた時、上司は退職理由が部署に有る事を自覚して対策しましょう。

上司と部下が協力して改善を行っていけば、必ず退職を削減する事は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です