部下の育て方がわからない?失敗を繰り返さないようにする教育方法は?

部下の育て方がわからない?失敗を繰り返さないようにする教育方法は?

人は失敗から多くを学びます。

 

指導、教育は失敗とセットです。

それは、人と人との言葉のコミュニケーションは全てを誤解無く伝える事が不可能だと言う事から来ています。

 

実際に業務を行ってもらって失敗したら改善すると共に誤解を無くしていく。

そういった作業が必要になります。

 

ここでは、失敗するまでにするべき事と、失敗した後に取るべき行動についてまとめてあります。

 

失敗の責任の所在

 

失敗した時には犯人探しが起こります。

しかし、探すまでもなく失敗の責任は上司に有ります。

 

失敗の責任と対策

 

失敗した時の責任は指示した上司に有ります。

しかし、対策を行う責任は会社全体に有るはずです。

 

失敗が有った場合に責任の所在に意味は無く、会社全体の問題です。

 

ここでは、失敗が起こった場合のそれぞれの立場の考え方について書いています。

 

関連記事

 

 

責任転嫁が起こる様なら

 

仕事上の問題に対して責任の所在が必要なのは対策を行うためです。

 

問題発生時の状況が解りやすいほど対策は捗ります。

状況を一番知っているのは責任を負っている人のはずです。

 

そのため、責任転嫁が発生すると対策が正しく行えません。

 

ここでは、責任転嫁に対してはどういった対応をすべきかを書いています。

 

関連記事

失敗への上司の対応

 

失敗した時や失敗を予見した時にはどういった対応をすべきなのか。

部下への指導も大事ですが、上司にはそれ以外にも取るべき行動が有ります。

 

失敗から学ばせる準備

 

失敗から学ぶのは無駄だと言う意見もあります。

実際に、わざと失敗させた場合は学びは無いか、有っても極わずかです。

 

失敗から学ばせるには、失敗しないシステム作りと指導、教育がセットで必要です。

 

ここでは、失敗させるよりも前にすべきことを書いています。

 

 

関連記事

 

失敗への基本的な考え方

 

誰でも失敗はしたくないです。

上司としての仕事に慣れないうちは、部下に失敗されるのは自分が失敗するよりも堪えるはずです。

 

それ故に、失敗に対する対応が対策よりも叱責に寄ってしまう上司は多いと思います。

失敗した時に、失敗を受け入れて業務の中に落とし込むシステムを構築するのが重要です。

次にすべきことが解っていれば、長々と説教する必要も罵声を浴びせる必要もありません。

 

ここでは、失敗を受け入れるシステム作りに関して書いています。

 

関連記事

 

 

失敗した時の指導、教育

 

失敗にも慣れが有ります。

それ故に、新卒や新入社員は失敗時に多くの手間をかける必要があります。

 

失敗が繰り返されるときは

 

同じ失敗を繰り返す人が居ます。

 

業務上のシステムが問題の場合もあります。

しかし、改善や指導、教育を行っても失敗が治らない人の場合は考え方の相違が問題です。

 

ここでは、そういった失敗に対する心構えが出来ていない人に対する指導方法を書いています。

 

関連記事

 

失敗時の部下への対応

 

失敗に慣れていない部下は失敗時に受けるショックが大きいです。

そのため、ショックから立ち直らせるのが最初の仕事になります。

 

しかし、本当に落ち込んでいるのか演技なのかと言う問題が有ります。

 

ここでは、失敗した時に落ち込んでいる人への対応について書いています。

 

関連記事

 

失敗に追い詰められたら

 

指導、教育とは少し違います。

失敗して自分を追い詰めてしまう人もいます。

 

仕事は仕事です。

どんなに失敗しても生きる事より大切な事など有りません。

 

失敗に耐えられない時

 

失敗か、あるいは周囲の視線に耐えられない時。

人は退職を考えます。

 

退職は責任を取ると言う観点からは無意味です。

責任を取るには、失敗に対する対策を完遂するのが一番です。

 

しかし、ショックが大き過ぎて対策を完遂する事が出来ない時もあるでしょう。

そういった場合に退職と言うのは選択肢に入れても良いはずです。

 

ここでは、退職を考えた場合の考え方とリスクについて書いています。

 

 

関連記事

まとめ:部下の育て方がわからない時は

 

何事にも失敗はつきものです。

多くの場合、失敗をそのままにする人は居ません。

 

しかし、仕事においては責任の所在の曖昧さや当人の当事者意識の欠如から失敗へ対応はその場しのぎに成りがちです。

 

上司は失敗に対策する責任があります。

部下は部署の一員として上司と共に仕事に従事しています。

 

同じ会社に居る以上、失敗には全社を挙げて対応するのが一番良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です