新入社員が仕事で気を付ける事には何が有る?新卒が即戦力化される方法のまとめ

新入社員が仕事で気を付ける事は

新入社員、特に新卒社員には仕事を経験した事が無い人もいます。

そういった場合、仕事という概念そのものが解らないと思います。

 

ここでは、働く時に大事な事や考え方。

そして、業務遂行のための基本的な行動を書いた記事をまとめてあります。

 

仕事は挨拶から

 

仕事は組織で行います。

組織的な活動は、挨拶に始まり挨拶に終わります。

 

挨拶の仕方

 

挨拶は、仕事を開始する、終了する時の区切りとして重要です。

 

挨拶無しでは相手も本人も気持ちの切り替えが出来ません。

挨拶をする事で仕事用の関係を構築する事が出来ます。

 

また、職場での挨拶は自己紹介と同義です。

挨拶を積み重ねる事で、自分を覚えてもらえます。

 

ここでは、挨拶の重要性と挨拶の仕方についての記事を書いてあります。

 

関連記事

 

仕事上の基本的な心構え

 

仕事を上手く覚えられない、評価が上がらない場合もあります。

その場合は、仕事に対する思い違いが原因です。

 

自分の問題は自分で解決する

 

仕事に限らず、生きていれば問題が発生します。

 

問題には、責任があります。

仕事では責任は上司がとる事になっています。

 

しかし、他責だと思っていると物事から得られる物はありません。

少しでも関わっていたのなら自分にも責任が有った事を理解しておくべきです。

 

そして、その上で自分が何でも他責にしてしまっていないか。

言い訳してしまっていないかを考える必要があります。

 

ここでは、言い訳している事で発生するデメリットについて書いています。

 

関連記事

 

指示も、評価も一人しかしていない

 

上司は一人だけです。

こう書くと、大きな会社には沢山の上司がいると思うはずです。

 

しかし、自分に対して指示を出す上司も、仕事を評価する上司も一人しか居ません。

複数いるように組織を作る事は、組織の崩壊を招きかねません。

 

ここでは、自分に仕事を指示し、仕事の内容を評価する上司が一人しか居ない事。

そして、それ以外の上司や先輩がどういった立ち位置なのかを書いています。

 

関連記事

 

評価を行うのは一人

 

前の項目でも触れていますが、評価を行う上司は一人だけです。

この一人だけと言う意味は、評価を行うのは自分ではないと言う意味も含まれます。

 

評価が上がらない人には自己評価を重視してしまい、上司がどう評価しているかを確認しない人が居ます。

しかし、会社で評価を得て昇給、昇進するには正しい評価者からの評価を得る事が必要です。

 

ここでは、自己評価の無意味さと、本当の評価者が一人しか居ない事を書いています。

 

関連記事

 

 

業務を遂行するには

 

仕事は組織で行う物です。

すなわち一人で行う物ではありません。

 

一見一人で行うように任された仕事であっても、上司、先輩に確認しながら行う事で円滑に行えます。

 

仕事の基本的な行い方

 

仕事は上司から与えられます。

そして、仕事には期限が有ります。

 

期限までに完成させて提出する事で仕事を完遂した事になります。

しかし、最初の内は期限までに完成させる事は難しいでしょう。

 

この時に、仕事を完成させる方法や適切なアドバイスを受けるためには途中経過を報告する必要があります。

 

ここでは、仕事を完遂するための基本的なやり方、考え方。

そして、適切なアドバイスを貰うための行動方法を書いています。

 

関連記事

 

仕事の学び方

 

可能であれば、仕事は教えるのが上手い人から学ぶ方が効率よく学べます。

ですが、教えるのが上手い人は少ないです。

 

仕事が出来る事と教える事が上手い事は必ずしも一致しません。

そして、大抵の場合は教わる相手を選ぶことが出来ません。

 

ここでは、教え方が上手い下手の見分け方。

下手な人にあたった場合の対処方法について書いています。

 

関連記事

まとめ:新入社員が仕事で気を付ける事は

 

始めて仕事をする場合、上司の指示や先輩、同僚の意見等で混乱する事もあると思います。

 

仕事は

  1. 上司から与えられた仕事を
  2. 上司の望んだ完成度で
  3. 上司の決めた期限までに

提出する物です。

 

つまり、上司に確認しながら行う事で円滑に行えるようになります。

 

この上司以外からのアドバイスや指示は仕事の評価に直結しません。

上司の評価だけが意味が有ります。

 

上司に適時確認して仕事の進展状況を見てもらい適切なアドバイスを貰う。

そして、上司の望んだ完成度になるように仕事のやり方を学ぶ。

 

そのために、仕事に対する考え方を身に着け、業務を通して上司との信頼関係を構築していくのをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です