上司としての部下の扱い方は?管理職の役割を果たす指示や指導方法のまとめ

上司としての部下の扱い方はまとめ

上司は部下が居るから上司です。

そして部署の仕事を最前線でこなしているのは部下です。

 

上司は部署を管理、運営します。

その原動力になるのが部下の能力です。

 

上司は部下に指示を出して部署の運営が滞らない様にします。

この時、部下に嫌々ではなくスムーズに作業を行ってもらうためにやる気を出してもらう必要があります。

 

しかし、部下を指示に従わせたり、やる気を出させるのは慣れないと難しいものです。

 

部下に指示を出す方法と、やる気を出させる方法をまとめてあります。

 

部下に指示を出す

 

部下に指示を出す事そのものは難しくありません。

しかし、指示通りに業務を行ってもらうのは難しいです。

 

経験の違いが認識のズレを生む

 

上司と部下では仕事に対する経験が違います。

部下は上司より未熟で、上司しか知りえない指示の背景を理解できません。

 

この認識のズレを埋めるのは指示を出す上司の側の仕事です。

 

ここでは、部下がどういった部分を勘違いするのか。

認識のズレを埋めるために上司は何をすべきかを書いています。

 

関連記事

 

定量化しないと指示を誤解される

 

指示を出すときに曖昧な部分があると問題です。

曖昧な部分は指示された相手の感覚で実施されます。

 

曖昧な表現は指示から極力排除しなければいけません。

そのためには指示を定量化する必要があります。

 

ここでは、指示を具体的に出す方法を書いています。

 

関連記事

 

話を聞かない部下も居る

 

どんなに具体的な指示を出しても指示通りに業務をこなさない部下も居ます。

この手の部下は指示内容を正しく理解していないか、全く聞いていません。

 

ここでは、部下が指示を理解しなかったり、全く聞かない背景には何があるのか。

そして、そういった部下に指示を理解させるには如何すれば良いかを書いています。

 

関連記事

 

 

部下のやる気を出す

 

やる気を出すのは個人の自由かもしれません。

しかし、上司は往々にして部下のやる気を削いでしまっています。

 

部下のやる気を摘んでしまわない様にする必要があります。

 

やる気は出す物ではなく出る物

 

やる気を出すと書きましたが、本質はやる気が出るです。

部下のやる気を上司が出そうとすると問題が起きます。

 

やる気を出そうとするのではなく、業務に携わるとやる気が出る仕組みを作るのが上司の仕事です。

 

ここでは、やる気の出る仕組み作りについて書いています。

 

関連記事

 

 

やる気を出すには結果を表示する

 

やる気を更に出させる方法も存在します。

 

人は競う事と結果が出る事は好きです。

皆の結果を表示することによって、目標の達成感と競争心と煽る事が出来ます。

 

結果の表示は、最初は抵抗に遭う可能性もありますが行った時のメリットが大きいです。

 

ここでは、結果の表示によってやる気を維持、向上する方法を書いています。

 

関連記事

 

まとめ:上司としての部下の扱い方は

 

部下が指示にやる気をもって従う。

この状態は、上司の理想であるはずです。

 

指示もやる気の出し方も、最初は難しいかもしれません。

ですが、正しい指示を出し続け、やる気を出す方法を実践し続ければ上司の指示も、やる気を出させる行動も磨かれていきます

 

どこまで昇進しても部下が居るから上司です。

上司の扱い方を心得れば、今後、どこまで昇進しても困ることはありません。

 

指示とやる気の出し方を学んで磨き上げ、部下を導ける上司になるのをお勧めします。

 

この記事以外の部署を管理するための記事をまとめたものは、こちらになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です