部下が嫌いな時の対処法は?指示や指導の方法やコツはある?

部下が嫌いな時の対処法

上司は嫌われがちですが、同じくらい部下も嫌われます。

 

嫌いな人間のもとで働くのは辛いです。

上司は選べませんが上司も部下が選べません。

 

部下が嫌いだと問題があるのでしょうか。

嫌いな場合は、どういうふうに扱うべきなのでしょうか。

 

部下が嫌いだと

 

好きや嫌いと言っている場合じゃないのは誰でも解っていると思います。

しかし、どうしても好みというものは出てしまいます。

 

嫌いな場合のデメリットは何があるのでしょうか。

 

指示、指導が適当になる

 

嫌いな人と話したい人はいません。

嫌いな部下に対しては指示はおざなりになり、指導は少ないか無くなってしまうでしょう。

 

これによって部下の仕事は指示が伝わっていなかったり力量不足で正しく行われなくなります。

 

部署の仕事の中でも日常業務にあたるものは最前線で働いている部下が行っています。

部下の仕事の出来栄えが部署の成果に直結していると言えます。

 

嫌いな部下に適当に指示を出してしまうと、結果のとして部署の責任として上司が責められてしまいます

 

他の部下にも軽んじられる

 

部下は上司を上司として見ている時は指示を聞いてくれます。

感情的になると部下から上司ではなく一人の人間として見られてしまいます。

 

嫌いという感情を見せると、部下から途端に「大したことのない上司」として見られます。

これによって嫌いな部下以外からも軽く見られます。

 

軽く見られるとは部下が上司の事を同じ階層の人間だと勘違いしている状態です。

これによって他の部下も指示に従わなかったりするようになってしまいます。

 

嫌でも使わなければいけない

 

上司は部下を使うのが仕事です。

どんなに嫌いでも使わなければ部署の目標は達成できません。

 

人数分の仕事をする必要がある

 

部下が居るということは部署の規模はそれなりに大きいはずです。

当然、上司一人で仕事を賄い切れない状態です。

 

嫌いだから使わないと言う事は、誰かがその負担を負わなければならなくなります。

この負担を他の部下に負わせれば不満が出ます。

 

かと言って上司が二人分の仕事をしながら部署の管理を行うのも無理があります。

 

つまり、嫌いな部下にも一人前の仕事をしてもらわないと部署が成り立たなくなります

 

部下は不平等に敏感

 

上司は部署の規律を守るのが仕事です。

規律はルールに対して平等な状態でしか守られません。

 

嫌いな部下だけを良い意味でも悪い意味でも特別扱いしてしまうと他の部下も不平等を感じます。

部下は不平等な扱いを受けていると感じるとルールを守りません。

 

これによって部署の規律がなくなり上司の指示も実施されなくなってしまいます。

 

嫌いな部下の扱いを他の部下と変えてしまうことで、他の部下も言うことを聞かなくなります。

 

嫌いな部下の方が使いやすい

 

では、我慢して嫌いな部下を使うしかないのでしょうか。

答えはイエスなのですが、嫌いな部下を使うメリットは大きいです。

 

仲の良い部下は伸び悩む

 

嫌いな部下ほど早く成長するという事を感じた事はありませんか?

 

好きな部下は、おそらく部下も上司を好きでしょう。

仲が良いのはメリットがありますが、成長と言う観点からはデメリットが大きくなります。

 

仲が良いと上司は無理を言えず、部下には甘えが出来ます。

 

部下を育てるには甘えを排して厳しく指導しなければなりません。

好きな部下に厳しく指導する事ができる仕事とプライベートを完全に切り離せる上司は少ないです。

 

これによって仲の良い部下は伸び悩みます。

 

反対に嫌いな部下には多少の無理も言いやすいでしょう。

また、失敗した時にも指摘しやすいはずです。

 

これによって多少嫌いな部下の方が育てやすく、部下にも甘えが生まれないので育ちやすくなります。

 

指導、教育という面では多少嫌いな方が有効に働きます。

 

真摯に応対して突き放す

 

しかし、嫌いだからといって完全に隔離したり無視したら育ちませんし仕事もさせられません。

嫌いだからこそ最低限の対応で済ませて仕事をさせたいはずです。

 

嫌いな部下に失敗されるのは辛いと思います。

なので必要な部分は丁寧に説明して、仕事を行わせましょう。

 

そして、わからない事は事前に相談するように話します。

失敗されるよりマシだからです。

 

報連相などで対応する時は丁寧に行い、仕事をしている間は嫌いなのですから放っておきましょう。

 

放っておかれた部下は、出来ないと判断すれば嫌々でも相談してきますし可能なら自力で仕上げるはずです。

結果的に報連相以外では関わらない部下は自発的に仕事をするようになります。

 

嫌いなので突き放すのに躊躇いはないでしょう。

部下の方も上司が嫌いだから最低限の報連相で済ませたいはずです。

 

こうして嫌いな部下は他の部下より自発的に仕事するようになります。

 

しかし、重ねて言いますが接する時は真摯に対応しましょう。

部下が潰れてしまっては辛いのは仕事が増える上司側ですし、嫌いな部下にだけ厳しくては他の部下に軽んじられてしまいます

 

まとめ:部下が嫌いな時の対処法は

  1. 嫌いな部下でも使わないと部署が成り立たない
  2. 嫌いだという態度は他の部下にも悪影響がある
  3. 嫌いな部下の方が育てやすい
  4. 真摯に対応して突き放すと自発的に仕事する部下になる

 

上司はどの部下に対しても平等に接する必要があります。

嫌いな部下に言及して書いていますが、好きな部下に好きという態度を見せても同じことが起こります。

 

悲しいですが上司は部下に感情を見せるのを控えないといけない立場です。

嫌いでも我慢、好きでも我慢です。

 

業務に影響を出さないために好き嫌いの感情は会社の外で発散することをお勧めします。

 

この記事以外の指導教育が受け入れられ難い部下の教育方法を、まとめた記事はこちらになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です