仕事で評価されないのは何故?上司から信頼を得るコツや対策方法は?

仕事で評価されないのはなぜ

仕事の評価は解り難い部分が有ります。

アピールが上手い、上司と仲が良い等が評価の良し悪しに影響すると思われがちです。

 

私もそのように思っていましたが、実際に上司の立場になると違うのが解ります。

 

会社で評価されないのは何故なのか。

上司は部下の何を見て評価しているのでしょうか。

 

仕事を評価するものは

 

評価するのは上司と言う人間であるため、完全に感情を無くして評価する事は不可能です。

ですが、上司の側も客観的に評価するように努めています。

 

なぜなら、能力の無い人を評価してしまうと上司が自分の首を絞める事になるからです。

 

直属の上司だけが評価する

 

部下の評価を決めるのは直属の上司だけです。

それ以外のどの上司が褒めても、いい評価を出したとしてもです。

 

上司は部下に仕事を指示し、部下の働きぶりを評価します。

そして部下の指導、教育を行うのも上司です。

 

上司は指導、教育を通して部下の評価されない弱点を補います。

つまり指導される部分は評価が悪い部分です。

 

 

上司の評価以外は評価ではない

 

直属の上司以外の評価は評価にはなりません。

直接給料に影響する評価は全て、直属の上司が行っています。

 

あなたの上司が課長なら、部長、社長が褒めていても課長の評価が悪ければ評価は悪くなります。

 

直属の上司にしか部下を評価する義務が無いからです。

当然、評価に対する責任も直属の上司にしかありません

 

他の上司は部下の今後の成長に責任が無いため簡単に褒めてくれます。

一方、直属の上司は部下の今後の成長にも責任が有ります

 

そのため、上司が望んだ結果を出さない限り褒めたり評価したりできないのです。

 

 

なぜ評価されないのか

 

では、上司の仕事をこなしていても評価されない場合は何が問題なのでしょうか。

 

上司の評価するポイントを理解しているか

 

上司は部下に対して求めている役割が有ります。

その役割を果たしていれば評価されます。

 

それは単に指示した仕事が出来るかどうかだけではない場合もあります

 

これに関しては、上司本人に聞くしかありません。

上司に「自分は何を求められているのか」を確認する必要が有ります。

 

部下育成に力を入れている上司の場合は、聞かずとも定期的に教えてくれます。

しかし、解らない様なら上司に直接確認する方が無難です。

 

確認する事により、自分の努力の方向が有っているかどうかが解ります。

必要なら修正も出来ます。

 

指示された仕事だけをこなして評価を待つのは見当違いの努力をしている可能性が有るため危険です。

 

過程は評価されない

 

会社は(と言うより社会は)結果でしか判断しません。

途中経過は評価されません

 

どんなに頑張って仕事に打ち込んでも失敗すれば失敗した仕事。

納期に間に合わなければ納期遅れの仕事。

未完成なら、未完成の仕事です。

 

努力を見せるために努力するわけでは無く結果を出すために努力する必要が有ります

 

自己評価してしまっていないか

 

評価をするのは上司だけです。自分でどんなに良い出来だと思っても、上司が満足しなければ満足しない仕事です。

「自分的にはこれで良い」「自分は頑張った」

これでは、上司は評価してくれません。

 

自分ではなく上司を満足させる必要が有ります

評価されるための対策

 

これらを踏まえて、どうすれば評価されるのか。

コツは上司を満足させる事です。

 

自分の役割を再確認する

 

上司が自分に求めている役割を上司に確認します。

この時、可能ならば自分の足りない部分を聞くと有効です。

 

長い話になるかもしれませんので面談等がある場合は、その場で聞いておきましょう。

 

自分の評価が不当だと思うのなら、上司に話を聞いて欲しいと打ち明けるのも有効です。

その話の場で「どこを改善すれば評価されるのか」を聞きましょう

 

間違っても「評価が不当だ」と不平を言ってはいけません。

上司が指摘しても無駄だと思ってしまえば以降はアドバイスも貰えなくなってしまいます

 

言い訳をしない

 

上司が改善すべきポイントを話したりしている時に

「自分はこう思ってたから」「自分はそれが苦手だから」

等と答えていては上司は指導が無駄だと考えてしまうかもしれません。

 

そうならないために、必ず改善する姿勢を見せないといけません。

 

上司が指摘するのは「仕事が出来ていない」と言う意味だけではありません。

わざわざ指摘すると言う事は、もっと成長できるはずだと思うからです。

 

もっと成長できると期待している上司に言い訳してしまうと上司が見込み違いだったかと考えてしまいます

 

まとめ:仕事で評価されないのは何故か

  1. 直属の上司だけが評価をする
  2. 求められている役割を確認して結果を出す
  3. 指導を受けたら言い訳しない

 

特に、部下育成を苦手とする上司の下では部下への指導が少なく、何を求められているのか解り難い事もあります。

 

上司が評価を与えてくれるのを待つのではなく、指示した仕事をこなすと共に役割の確認を行い結果を出すのが評価に繋がります。

 

役割に対して足りない部分を改善する姿勢を見せる。

そして、努力によって実際に改善する事によって評価が高まります。

 

評価されないなら、先ずは上司に「自分は何を求められていて、どこを改善するべきか」確認するのをお勧めします。

 

部下の立場での上司との付き合い方をまとめた記事は、こちらになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です