上司が嫌いでストレスが溜まる?上が無能な時の対応や仕返し方のまとめ

上司が嫌いでストレスが溜まる

上司も人間です。

成長途中で能力が不足していたり、人間的に未熟で感情的になったりします。

 

そういった場合には、信頼関係の構築は難しいです。

部下は、上司がどんな状態でも部下として振る舞うべきです。

しかし、それにも限度が有るでしょう。

 

ここでは、上司が能力不足であったり、行動が腹に据えかねる場合にどうするべきか。

対処や対応について書いた記事をまとめてあります。

 

上司が無能

 

成熟した上司の元で仕事するのが望ましいですが、誰しも成長過程にあるので完璧な上司も居ません。

しかし、場合によっては上司の仕事を勘違いしてしまっている人物も居ます。

 

仕事が出来ない上司

 

一口に仕事が出来ないと言っても色々なケースが有ります。

成長の望みが有る場合もあれば、この先無能のままだと想像されるケースもあります。

 

そういった場合、部下は大変苦労を強いられます。

部署は上司が管理しているので、上司が能力不足だと業務は円滑に回りません。

 

ここでは、上司に能力が不足している場合の傾向と対応方法について書いています。

 

関連記事

 

上司の人間性

 

上司は、上司として振る舞うべきです。

しかし、未熟な上司の中には人間として振る舞ってしまっている人もいます。

 

部下との話方

 

上司は部下のやる気に水を差してはいけません。

これは、仕事を円滑に行うために必須の行動の一つです。

 

部下との報連相で嫌味を言うと言う行為は、部下と一人の人間として向き合ってしまっています。

上司としては問題が有りますが、部下の側も嫌味を言われたり気にしたりするのは仕事に問題が出ます。

 

ここでは、上司の嫌味が何故発せられるのか。

そして、嫌味に対してはどのように対応するべきかを書いています。

 

関連記事

 

対応に我慢ならない時

 

上司が構い過ぎたり、関係ない事に干渉し過ぎたりしてくる時もあります。

 

普通、上司は仕事の指示を出した後は部下に仕事を任せるものです。

ですが、うざい上司は仕事を任せきれません。

 

そして、うざい上司の中には自分の基準でしか部下の行動を計れない人もいます。

そういった上司は部下のプライベートや仕事と関係ない行動にまで干渉しがちです。

 

ここでは、上司の干渉を抑えるために軽く言い返しておく方法を書いています。

 

関連記事

 

上司と喧嘩

 

上司と喧嘩になると言う事は、お互いに人間として相対したと言う事です。

どちらが先に火蓋を切ったにしろ、喧嘩に発展すれば会社はどちらも許しません。

 

喧嘩の処理

 

喧嘩に発展した場合、双方に責任が有る事になります。

 

会社は仕事をする場所なので、喧嘩によって業務が停滞した事の責任は双方が負います。

 

もちろん、より責任が重いのは上司の方です。

 

しかし、部下の側としては喧嘩にまで発展させてしまったと言う事を反省しておくべきです。

 

喧嘩する事で得する人は居ません。

そして、喧嘩の原因は大概の場合は相手だけに有る訳ではありません。

反省しなければ、別の人物とも喧嘩を繰り返してしまう可能性があります。

 

そして、上司と喧嘩をする事は間違いなく部下の方が不利です。

 

ここでは、上司と喧嘩をしてしまった際の謝罪の仕方について書いています。

 

関連記事

 

まとめ:上司が嫌いでストレスが溜まる時は

 

上司は選べません。

問題のある上司に当たってしまったら運が無かったと諦めるほかないでしょう。

 

しかし、問題のある上司の下に居る事は無駄ではありません。

もし、いつか人の上に立つ仕事をするなら問題のある上司は反面教師です。

そして問題のある人間との付き合い方を学ぶ教師にもなります。

 

自分が上司になった時、部下を選ぶ事も出来ません。

部下が問題児である可能性は否定できません。

 

そういった時に、問題のある人間と付き合う方法を学んでおくことは有益です。

 

上司が無能であったとしても、それから学びを得て自分の経験として活かす事をお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です