上司がうざいので仕返ししたい?簡単安全にやり返す方法は?

上司がウザい

上司に干渉されても気にならない人は少ないのではないでしょうか。

 

私も上司に用がない限りは話しかけませんし、実務が順調な時は放っておいてほしいと思っています。

ですが、中にはやたらと構ってくるうざい上司も少なからずいます。

 

 

うざい上司は何故やたらと構ってくるのでしょうか。

接触を必要最小限にする事は出来るのでしょうか。

上司のうざい部分

 

上司は管理職なので部下を管理しています。

この管理方法が細かくなってくるとうざいと感じると思います。

管理され過ぎ

 

上司が、作業の仕方から報告のタイミング、報告内容まで自分の思い通り出ないと気がすまなくて注文をつけ続けてくる状態です。

特に管理職としての経験が浅い未熟な上司が陥りがちです。

 

管理職は経験と共に部下に仕事を任せる技術が身につくのですが、最初のうちは全ての部下の全ての行動を自分でコントロールしようとしがちです。

 

ですが、部下はロボットではないので何でもかんでも支持されていては気疲れしてしまいます。

 

文句言われすぎてうざい

 

仕事のミスから態度から、気に入らなければ文句を言ってくる状態です。

文句だけで改善案を一緒に考えてくれる訳でもないので、仕事が停滞するだけになり大変迷惑です。

 

教育することと怒ってストレス発散することの区別がつかなくなっている感情的な上司が陥りがちです。

 

上司は部下を育てられないと仕事が辛いだけになってしまいます。

 

プライベートに干渉してきてうざい

 

仕事が終わった後の生活の仕方から、有給のとり方まで。

私生活に踏み込んでくる上司です。

 

仕事のことしか考えず人生の意味がわかっていない無知な上司が陥りがちです。

 

仕事である以上、仕事中のことに対しては論理的であるべきです。

しかし、人生そのものは人情で生きるべきだと思います。

 

公私を分けて考えられない上司は酷くなってくると冠婚葬祭にも口を出してきます

 

 

結局接触するからうざい

 

何故ウザいのかと言うと、構わられるからです。

上司と接触するのが絶対必要な機会ってどれくらいあるのでしょうか。

 

上司との接触は必要?

 

仕事を管理しているのが上司である以上、最低限の報連相は必要です。

しかし、人は最低限にしようとすると必要な事まで取りこぼしてしまいます。

 

途中の干渉をを防ぐには仕事を任された後全うする事を示さないといけません。

つまり、仕事を完璧にこなす必要があります。

 

この完璧とは上司から見て完璧です。

 

上司によって仕事の内容の見ている部分は違います。

字が汚くても気にならない上司もいれば、仕事が遅くても期限に間に合えば気にしない上司もいます。

 

上司がウザいのですが、それゆえに上司の癖を知っておく必要があります。

敵を知る必要があるのです。

 

接触されなければうざくない

 

上司があなたを構いたがる理由をなくせば、構われる機会は少なくなります。

どんなにウザい人でも接触がなければ大分マシです。

 

先ずは接触されないように仕向ける必要があります。

 

つまり、上司から見て最低限のことを頼んだら放っておきたい部下になる必要があります。

 

絡まれない方法

 

具体的に絡まれだしたらどうすれば良いのでしょうか。

基本は後にしこりを残さないように適度に言い返す事です。

 

言い返さないと言われ続ける

 

人は言い返してこない無抵抗の人間を攻撃し続けます。

イジメなどが最たる例です。

 

また、周囲から見ても言われっぱなしの人は「言われる理由がある無能」と受け取られます。

これは「自分はあいつとは違う」と思いたい心理の裏返しで言われている人が本当に無能かどうかは関係ないです。

 

何らかの形で抵抗しないと、ウザい絡みは続いてしまいます。

 

よく「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」とかの無抵抗主義の事を上げて、無抵抗のほうが良いように話す人がいますが無抵抗主義は間接的に抵抗しています

無抵抗主義は直接は無抵抗ですが、組織を作って無言の圧力で抵抗しています。

 

あなたが組織内で仲良くしている人が多くなれば、この無言の圧力は増すので相手は絡んでこなくなります。

 

しかし、先にも書いたとおり言われっ放しでは難しいです。

先ずは言われっ放しにしないようにする必要があります。

 

仕事の事以外は聞き流す姿勢で

 

会社には仕事をしに来ているので、仕事の部分以外の上司の嫌味や絡みは聞き流す姿勢でいましょう。

ウザいぐらい絡まれているなら関係ない話もしてくるでしょう。

 

関係ない話になったら聞き流す姿勢で、なおかつ反撃できるように聞いておきます。

 

嫌味には質問かオウム返しする

 

完全に聞き流してしまったら、次からも絡まれてしまいます。

 

特に反撃しやすいのは仕事と関係ない嫌味や悪口を言われた時です。

 

仕事の内容と関係ない悪口を言われたときは、その部分を質問するかそのまま返しましょう。

 

例えば「お前の頭は猿並だ」

と言われたら

「猿並みですか」

と返します

 

黙って聞いていた相手が、そこだけ返してくると相手は自分が何を言っているのか客観的に見れるようになります。

そして、感情的になってしまい他人に言ってはいけないことを言っていることに気付きます。

 

また、質問するのも効果的です。

「猿並みとはどういう事ですか」

という感じです。

 

理論的に話しているわけではないので、質問に答えられないはずです。

そして話が止まります。

 

あるいは止まりきらなくても

「そのまんまの意味だよ」

程度になるはずです。

 

止まりきらなかったら

「わからないから聞いているですけど」

と、止まるまで質問するのも手です。

 

上司は絡みたいだけで、言い返されて言い合いになることは望んでいない場合がほとんどです。

言い合いになるのは嫌なので、無抵抗のときと違い次から言い難くなります。

 

ただし相手は上司なので敬語で

 

あなたが言い返したら言い合いの始まりです。

上司限定でもないですが、言い合いはより冷静な方が有利です。

 

尚且、周囲から見ても冷静に言い返している方が(話の内容はどうであれ)正しい様に見えます。

上司が感情的に接しているのに部下が冷静に応答していれば、誰から見ても上司の方が無能なのでは?となるはずです。

 

お互い暴言を吐き出したら、ただの喧嘩です。

 

相手がウザければウザいほど敬語で冷静に話すのがお勧めです。

 

まとめ:上司がうざいので仕返ししたい時は

  1. 上司が未熟だと部下を構いやすい
  2. 絡まれないために放っておきたい部下になる必要がある
  3. それなりに仕事が出来る必要がある
  4. 言われたら言い返さないと言われ続ける
  5. 敬語で冷静に嫌味や悪口をオウム返しするのが良い

 

職場でも言われ続ける人は決まっています。

それは、平社員であろうが管理職であろうが同じです。

 

ウザいと感じるぐらい言われるのは言われ続ける様に振る舞ってしまっているからです。

 

言い返すのも技術です。

練習しないと出来るようになりません。

 

どうせウザいのですから、ウザい相手に言い返す事で言い返す技術を磨くのをお勧めします。

 

 

この記事以外の上司に問題が有る時の事をまとめた記事は、こちらになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です