仕事を早退する時の理由は何て言うべき?当日に連絡したら言い訳になる?

仕事を早退する時の理由

仕事をしていれば、早退したい時も出てくると思います。

前もって解っていれば早退理由を伝えるのも楽ですが、当日に早退する理由ができてしまう時もあるでしょう。

そういった場合にはどういう事に気をつけるべきなのでしょうか。

 

仕事を早退する場合について書いています。

 

早退の扱い

 

早退の扱いは会社によって異なります。

基本的には有給休暇と同じ扱いにしているところが大半です。

 

前日までなら有給扱い

 

前日までに連絡しておけば、有給休暇として扱われます。

 

会社によって、有給休暇の消化が半日分になるところもあります。

これに関しては就業規則に詳細が明記してあると思います。

 

「何時以降に早退する場合は有給休暇の消化が半日で済む」等、就業時間毎に扱いが異なっている場合もあります

 

せっかくの有給休暇を損しないためにも、先ずは就業規則を確認しておきましょう。

 

当日の早退は就業規則による

 

大抵の会社では当日に早退しても有給休暇扱いとしてくれます。

しかし、労基法上は有給休暇は前日までに申請するのを義務付けられているため会社側は有給休暇扱いにする義務がありません。

 

就業規則に当日の早退の扱いが記載されていない場合は欠勤扱いになることも考えられます

規則を確認して記載がない場合は、念のために上司に確認しておくほうが良いでしょう。

上司が詳しくなければ人事か総務に確認しましょう。

 

どちらにしても、当日の早退は会社の就業規則次第なので欠勤もやむなしと考えておくほうが良いです。

 

早退時に気を付けるべき事

 

早退されて困らない上司も同僚も居ないので、可能な限りの配慮は必要です。

自分が他の人に早退された場合に気を付けてほしい事は実施しておきましょう。

 

出来るだけ早めに伝える

 

前日までに早退する事と理由が解っていれば良いのですが、当日に突然早退理由が出来ることもあるでしょう。

その場合も、可能な限り直ぐに上司に連絡するのが良いです。

 

早めに連絡するのは、早退するタイミングや早退までに行っておく作業を上司と相談してスムーズに早退するためです。

上司側も業務を調整する時間があれば快く早退を受け入れやすくなります。

 

逆に今直ぐ早退するのを伝えられると、欠員が出た状態で業務を調整せねばならないので上司は大変困ります。

 

勿論、やむを得ず今直ぐ早退もありうるので可能な範囲で直ぐに連絡しましょう。

 

理想は引継ぎが行える状態

 

早退時は仕事を誰かが代わりに行うことになると思います。

なので、代わりに行う人に仕事を引き継ぐ時間が有るのが理想です。

 

引き継ぎが行われずに業務が継続されると、あなたの居ない間に思わぬミスや不利益が発生するかもしれません。

自分が知らない時に起こったミスによって後日、業務が滞ることも考えられます。

 

可能な限り引き継ぎを行ってから早退できるようにしましょう。

 

早退の理由をどう伝えるか

 

一番悩むのは理由ではないでしょうか。

正直、理由に関しては素直に伝えるのが一番です。

その理由が不当であるなら、上司は不当な理由を教えてくれるはずです。

 

前日までに連絡できる場合

 

有給休暇と同じく、前日までに早退を連絡できる状態なら理由は「私用」で十分です。

有給休暇扱いになるので会社側も理由を追求する必要がないからです。

 

逆に前日までに連絡しているにもかかわらず理由を追求してくる会社や上司は何かおかしいとも考えられます。

 

 

有給休暇が残っていて尚且、前日までに早退を連絡しているなら普通に有給休暇扱いです。

 

ただし、有給休暇扱いなので会社側は時季変更権が行使できます。

(時季変更権=有給休暇の取得日を会社側が別の日に変更する権利。有給取得日を最終的に決める権利は時季変更権の方が強い)

 

このため、早退を別の日に変更される可能性は十分あります

出来るだけ早めに連絡したほうが良いのは、このためです。

 

ただし、理由を追求される事と時季変更権は関係ありませんので理由によって早退が認められない事はありません。

会社側は業務に問題が出る場合に時季変更権で取得日を変更できるだけで、早退を断ることは出来ません。

 

有給休暇が残っているのに変更ではなく断られた場合は会社に問題があります

 

当日に伝える場合

 

当日に伝えた場合は、たとえ就業規則に有給休暇として扱うと記載があっても理由によっては認められない場合もあります。

これは時季変更権の事もありますが、ひとえに業務上で問題が出るからです。

 

しかし、業務に問題が出ようが他人に理解されなかろうが、あなたにとっては今直ぐ早退する程の理由のはずです。

ここは隠さずに上司に理由を述べてしまいましょう

 

上司も当日早退はできるだけ避けてほしいはずなので、理由によって次からどういったタイミングで連絡して何に考慮するべきかを教えてくれるはずです。

 

早退する当日はあなたも直ぐ帰りたいので相談する時間もないでしょう。

普段から上司に突然の早退の可能性を相談しておくと、スムーズに早退できると思います。

 

 

まとめ:仕事を早退する時の理由は何て言うべきか

  1. 早退は前日までに連絡すれば有給、当日は就業規則次第
  2. 出来るだけ早めに連絡して引き継ぎするのが理想
  3. 前日までに連絡しても時季変更権で変更される可能性がある
  4. 当日に連絡する場合は理由を隠さずに伝えてアドバイスをもらう

 

会社が早退に関してどういうスタンスなのかは就業規則にもよりますが、直属の上司の考え方も色濃くでます。

なので、先ずは上司に早退理由として正当かどうか確認しておきましょう。

 

早退する理由ができそうな場合(幼い子供が居る、病気がちの親がいる等)は事前に上司と相談しているとスムーズです。

 

就業規則と共に早退に対する考え方を上司に確認しておくのをお勧めします。

 

この記事以外の有給、早退、遅刻に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です