仕事を早退したいと部下が言ってきたら?理由によって帰らせないのは問題?

仕事を早退したいと部下が言ってきた

仕事を当日に休まれるのと同じくらい早退されるのは上司にとっては迷惑な話です。

 

部下が早退を申し出てきた時、理由によって帰らせたり残らせたりを判断するべきなのでしょうか。

また、残らせるのに問題は無いのでしょうか。

 

部下が早退を申し出てきた時の上司の考え方を書いています。

 

早退に対する会社の規則は

 

基本的には会社の就業規則に則って処理する事になります。

本来なら欠勤

 

法律上では有給休暇は本来なら前日までに申請する必要が有ります。

なので当日に早退すると欠勤扱いになります。

 

ただ、就業規則で早退を有給休暇扱いにしている会社が殆どです。

会社によっては有給休暇を半日分だけ消化するところもあります。

 

先ずは就業規則上で早退がどのような扱いなのかを確認する必要が有ります。

 

有給は権利

 

有給休暇扱いの場合は有給休暇は労働者の権利である事から帰らせないのは問題になる可能性が有ります。

これは、理由がどんなものであってもです。

 

有給休暇と同じと考えるなら、時季変更権の行使も考えられます。※時季変更権=有給休暇を別の日にする様に会社側が代替え日を指定する権利。

そういう意味では、別の日にしてくれと頼むのは問題ではないかもしれません。

 

しかし、早退を申し出た部下を会社に止まらせる事には別の問題もあります。

 

早退を断らない方が良い理由

 

上司は部下が早退すると残りの面子で仕事をこなさねばならず、帰ってほしくないのが本心でしょう。

しかし、会社に止まらせる事は大きな弊害が有ります。

 

仕事に集中してもらえない

 

部下は早退を申し出る時点で、かなり大きな帰りたい理由が有ります。

上司が聞いたら大した事のない理由に思えたとしてもです。

 

部下にとっては、上司に早退を申し出るのは相当に勇気がいります。

その勇気を振り絞って申し出てきた早退を断った場合、早退したかった理由が頭から離れず仕事に集中できないでしょう。

 

また、体調不良だった場合も同様です。

上司に申し出るほど体調が悪いと言う事なので、見た目に大丈夫そうでも本人にとっては深刻な状態です。

 

どちらにしても、仕事に集中できる状態でないため職種によっては事故の原因になったりします。

 

部下の信頼を損なう

 

言いづらい事を進言してきた部下の申し出を無下に断ると上司の信頼を損ないます。

 

部下の話を最後まで聞いて、しかるべき理由で早退を断れば部下の信頼はある程度は保たれます。

しかし、先にも書いた通り部下は無理を押して上司に進言する形で早退を申し出ています。

生半可な理由では部下を納得させきれないでしょう。

 

また、体調が悪いと申し出てきている部下に会社に残る理由を納得させるのは得策ではありません。

人は体調が悪い時は相手の発言を何でも悪い方に取りがちです。

理論的に説得したとしても「本当に調子が悪いのに解ってくれない」と受け取られてしまいます。

 

いずれにしても部下の信頼を損なわずに会社に止まらせるのは至難の業です。

 

部下が早退を申し出てきたら

 

どんなに上手く部署を運営していても部下の早退は防げません。

早退を申し出てきたら、どの様に振る舞うべきでしょうか。

 

先ず早退させる

 

理由はどうあれ、すんなり早退させてしまいましょう。

早退を断らない方が良い理由に書いた通り、部下に会社に残ってもらうデメリットは多くメリットは殆どありません

 

部下の早退に対してよりも、その後にどうするかを考える方が仕事もスムーズに行きます。

早退後の事を素早く指示する事が出来れば、帰る部下は元より残っている他の部下からの信頼も得られます。

 

部下の早退は、突然の有給と同じく仕事では問題です。

いつでも、部下は上司の問題解決能力を見ています。

早退後の仕事をスムーズに行えるように部下をフォローする事で、頼りになる上司として部下は信頼します。

 

また、帰る側も素直に帰らせてくれた事を感謝するでしょう。

帰らせる方が部署の運営上は有利に働きます。

 

問題のある理由は後日に個人面談で

 

勿論、部下の早退理由に問題が有る場合もあります。

その場合は、後日に個人的に面談を行いましょう。

 

早退は、突然の有給と同じく部署に迷惑を掛けています。

上司が素直に早退させてくれるからと、何時でも簡単に帰れると勘違いさせるのは得策ではありません。

また、早退の仕方がずさんな部下を放置するのは他の部下からの信頼を損ないます

 

部下は不平等を嫌います。

適当な理由でも早退できる部下を放置すると他の部下も適当な理由で帰り始めるか、上司に不満をもって最悪退職してしまうでしょう。

 

しかし、早退を申し出てきた時は帰る事で頭が一杯で理性的に話を聞き入れてくれない場合が多いです。

そのため部下が五体満足で出社して来た時に面談に持ち込むのが有効です。

 

まとめ:仕事を早退したいと部下が言ってきた時は

 

  1. 早退の扱いは会社の就業規則による
  2. 部下の早退を断るのはデメリットが多い
  3. 早退後の仕事をフォローする事で部下の信頼を得られる
  4. 早退理由に問題が有るなら後日に面談する

 

冠婚葬祭等の解り易い理由から、ちょっとした気になる事等の判断に困る事まで部下の早退理由は千差万別です。

 

部下の早退理由にいちいち気をもむよりは早退=問題の一つとしてサッと解決出来るようにしておきましょう。

 

そのために、上司としては欠員が出た時の仕事の行い方を普段から考慮しておくのをお勧めします。

 

この記事以外の部下との信頼関係を築くための記事は、こちらにまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です