中間管理職の役割を全うするには?規律を保ち責任を果たす方法の総まとめ

管理職の役割を全うするには

部下が出来たその瞬間から中間管理職の役割は始まります。

 

会社で部下が居る人は社長も含めて全員が中間管理職です。

(社長の上は市場や顧客です)

 

中間管理職をマスターする事は、会社での地位が約束された様なものだと言えます。

 

中間管理職の役割に関するまとめ記事の総まとめになります。

 

管理できる体制作り

 

管理職が部署を管理するには、管理可能な体制になっている事が必要です。

 

会社によっては全員が作業員になってしまい、管理職が名ばかりの存在になっているところもあります。

そういった状態では、部門は衰退するしかありません。

 

管理、教育を行い人員不足に備える

 

管理職は、その名の通り組織を維持管理します。

 

会社と言う組織を維持するには人材育成が欠かせません。

 

人は時間と共に老いて衰え、定年退職等で減っていきます。

育成を怠ると、組織が衰える一方となります。

 

育成を行うには教える人が必要です。

そして、教える人が教えられる環境づくりも必要です。

 

管理を行う際に教育も行える人員構成について。

管理業務と日常業務の優先順位。

教育者を増やす部下の教育方法。

人員減に備えた指導教育。

 

これらを行う事が、管理職の基本的な役割になります。

 

それらのまとめ記事をまとめたものが、こちらになります。

 

関連記事

 

部下の管理

 

管理職が部下が居ないと成り立ちません。

上司は部下に指示を出して、業務を遂行してもらう必要があります。

 

指示を出し、部下のやる気を管理する

 

部下に的確に指示を出し、業務を遂行してもらう。

これは、一見すると簡単な事の様に感じます。

 

しかし、部下に誤解無く指示を出すのは簡単なようで難しい事です。

 

人に指示を出して思った通りに動かすと言う経験は、日常生活ではあまり得られません。

そのため、部下をもって初めて経験する事になり、思ったより上手く行かない事に最初は戸惑うはずです。

 

部下への指示を的確に出す事、そして部下のやる気を引き出す事。

ここではそれらに焦点を当てた記事がまとめられています。

 

関連記事

 

リーダーシップの発揮

 

管理職はリーダーシップを発揮する必要があります。

リーダーと管理職は似て非なる物ですが、リーダーシップが必要な事に変わりは有りません。

 

リーダーシップを発揮して規律を守る

 

管理職は部署の規律を守る必要があります。

規律は業務の品質や効率を一定に保つために絶対必要です。

 

そして規律を守るためにはリーダーシップが不可欠です。

リーダーシップを発揮できない管理職がいくら規律を唱えたところで部下は従わないでしょう。

 

ここではリーダーシップが何なのか、どうやったら得られるのか。

そして規律を守るにはどうするのか、守れなかったら何が起こるのかをまとめてあります。

 

関連記事

 

まとめ:中間管理職の役割を全うするには

 

管理職は部下が居るから管理職です。

 

部下に対してリーダーシップを発揮して指示、指導、教育を行う事により部署の能力を底上げしていく。

そうする事で管理が容易になり、部署が行える業務にも幅が出ます。

 

また、リーダーシップを発揮出来るかどうかで、部署の規律の遵守具合が変わります。

規律が緩めば指示や指導の効果が出難くなります。

 

これらを行うためにも、先ずは管理職は管理を最優先として体制作りを行いましょう。

そして部下の指導育成に時間を割き、指示に責任を持つことでリーダーシップを発揮する事をお勧めします。

 

このカテゴリーに関するまとめ記事を全てまとめた「全まとめ」記事はこちらになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です