仕事で怒られるのが辛い?叱られても大丈夫な方法や対策がある?

仕事で怒られるのが辛い?叱られても大丈夫な方法や対策がある?

特に新人の間は叱られる事も多いです。

仕事の知識もあまり無いのでミスもし易いかと思います。

 

しかし、どんなにベテランになってもミスはしますし叱られる事も出てきます。

叱られる事に慣れる事も大切な技術です。

 

叱られても辛くなくなるための方法を書いています。

 

叱られた時は

 

叱られた時に一番難しいのは気持ちを切り替える事です。

切り替えが早くなるのが慣れたと言う事です。

 

落ち込まないのは不可能

 

怒られたり叱られた時に落ち込まない人は居ません。

叱られている事そのものか、自分の無力さに落ち込むのが普通でしょう。

 

落ち込まないと言うのは感情が無いと言っているのと同義です。

叱られて落ち込むところまではセットだと考えた方が良いです。

 

大事なのは落ち込まない事では無く、落ち込んでから立ち直る事です。

 

直ぐに納得するのは難しい

 

叱られるのには理由が有るはずです。

ですが、叱られた内容に納得できるかどうかは話の内容よりも感情の方が障害となる事が多いです。

 

叱られてしまうと良い訳が先に立つと思います。

これは心の防衛機構が働くためです。

心が負荷に耐えるために、自分のせいでは無いと感情を逃がしているのです。

 

叱られた時は心に言い訳が沸き上がったりと感情的になります。

冷静な観点で叱責の内容を吟味するのは難しいでしょう。

 

理不尽な叱責もある

 

怒ってきている相手も人間です。

場合によっては理不尽な内容の時もあります。

 

理不尽でも意味がある

 

叱られた時、一番辛いのは明らかに自分の責任ではない時です。

そういう理不尽な叱責を受ける事は会社に限らず多々あります。

 

理不尽なんだから相手の問題ではないのか?

と思うかもしれません。

 

ですが、どんな事でも100%相手の責任と言う事は有りません。

具体的には理不尽な叱責を受ける迂闊さに自己の責任があります。

 

理不尽な叱責でも意味が無い事は有りません。

自分の糧に出来る事は必ずあります

 

他人のせいにするのは危険

 

叱責された瞬間に言い訳が思い浮かぶのはしょうがない事です。

ですが、それが表に出てしまうのは問題です。

要は他人のせいにしてしまう状態です。

 

上司から叱責されたとすると

「こんな事で怒る方が悪い」

等と考えるのは問題です。

 

理不尽な理由の場合、確かに相手が悪いのかもしれません。

ですが、人は他人のせいにすると対策を行わなくなりがちです。

 

叱られた理由に間違いが有ったとしても叱られる原因は有ったはずです。

 

相手のせいだからと対策を怠ると、もう一度同じ理由で叱られる時が来てしまいます

 

叱られた時には

 

叱られたら素直に受け入れて対策するのが理想です。

この事がスムーズに出来る様になれば

 

叱られる=対策の動機づけ

 

となって、余計な事を考えずに済むようになります。

結果、辛くなくなります。

 

いったん冷静になる必要が有る

 

叱責を受け入れるには冷静になる必要があります。

冷静に成れるまでにどの位掛かるかは、本人の性格と叱責に対しての慣れが関わります。

 

慣れないうちの有効な手段としては、叱責されたらとりあえず内容をメモする事です。

メモしている事により(本心はどうであれ)相手に反省の意志が伝わります。

 

そして、落ち着いてからメモを見て対策を考えるのが有効です。

 

落ち着くのに時間が掛かる様なら次の日に見直すのでも問題ないと思います。

 

次からどうするかだけ考える

 

叱責を防ぐには対策しないといけません。

対策するには改善策を考える必要があります。

 

叱られた時に後悔の念が頭の中をグルグル回る事もあると思います。

慣れてきたら、この思考がループするのを次からどうするかに向けられるようになってきます。

 

落ち着くのを待ってから考えるのに慣れてきたら、叱られたら即座に対策を考える様に仕向けていきましょう。

これは無理に感情を抑えるのではなく、叱られたら対策を考える癖を付けると言う感じです。

 

直ぐには出来ないと思うので、最初の内は後で考える方向で対策する方が心的負担は少ないと思います。

ですが、今後のためにも即座に気持ちを切り替える練習を叱られた時にしてみる方が良いでしょう。

 

無意味から意味を見出す

 

理不尽な状況は、叱られる事に限らず必ずあります。

 

しかし、本当の意味で理不尽な状況はあり得ません。

どんな事でも事前策を講じたりする事は必ずできます。

 

一見無意味な叱責や失敗等から自分のためになる意味を見出す。

この状態になると他人の叱責で無意味に不快な感情を想起する事もなくなります。

 

どんな事にも意味が有ると思って聞く事が出来るのが、叱られても平気な究極の状態です。

まとめ:仕事で怒られるのが辛い時には

 

  1. 叱られて落ち込まない人は居ない
  2. 直ぐに納得するのは難しい
  3. 叱られたら感情が落ち着くまで待って対策する
  4. メモを取って後日見直すのが効果的
  5. 理不尽な叱責にも意味を見出せるのが一番辛くない状態

 

叱られるのは辛い事です。

辛くない人は居ませんし、人はミスする生き物なので叱られずに済むようにはなりません。

 

叱られた時に直ぐに対策できるほど、仕事は良く改善されます。

改善されるほど叱られ難くなり、仕事の質も良くなります。

 

叱られるのを辛い事では無く改善のきっかけに出来るのが一番良い状態です。

 

叱られた時に自然と改善策を考える状態に持っていける習慣作りをするのをお勧めします。

 

この記事以外の人間関係に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です