新入社員を指導するコツは?教育の仕方や方法のまとめ

新入社員を指導するコツは

もっとも教育するのが難しい状態の部下が新卒の新入社員です。

 

新入社員は社会の常識を全く知りません。

そのため、上司にとっては当たり前のようなことから教え始める必要があります。

 

新入社員教育に必要な知識のまとめ記事になります。

 

 

新入社員に社会人である事を理解してもらう

 

まず最初に行うべきは、社会人である事を理解してもらう事です。

 

初日は初期教育と初面談を行う

 

初日は基礎教育と共に、面談を通して学生時代との差や社会についてを話しましょう。

 

新卒社員は会社に入るのが全てになってしまい、面接で解らない事を聞いたりしていない事が多いです。

 

ここでは、お互い本音で話し合い、今後の指導をスムーズにする方法を書いています。

 

関連記事

 

誰でも出来る事を確実にやらせる

 

誰でも出来る事で尚且つ初日から行ってほしい事。

会社で言えば、挨拶や社会人らしい服装等がそれにあたります。

 

まず、何をおいても挨拶から

 

新入社員に上司の指示を守ってもらう躾行うにあたっては、個人差が出ない事で行うのが有効です。

 

挨拶は誰でもできます。

挨拶が上司の決めた基準通りに行えない部下は今後も上司の決めたとおりに行動できません。

 

ここでは、挨拶を通して基準作りと躾の仕方を書いています。

 

関連記事

 

報連相の重要性を理解してもらう

 

学生時代から報連相を用いていた人は少ないです。

そのため、報連相のルールから教える必要があります。

 

報連相も特殊な技能が必要なわけではありません。

挨拶と同じく報連相を通じて上司の指示を守る躾を行えます。

 

関連記事

 

 

実際に現場で業務を通して教える

 

座学でどんなに教えても、実際の業務経験がなければ無意味です。

出来るだけ早く現場に出す必要があります。

 

OJTを用いて実際の業務をさせる

 

OJTはどこでも行われていると思います。

OJTをマニュアル化しておけば、部下育成が大いに捗ります。

 

ここでは、新入社員教育時にOJTを用いての教育方法を書いています。

 

関連記事

 

デリケートなので指導には気を付ける

 

社会人なりたてなので、どんなことも未経験です。

当然上司に指導を受けるのも初めてです。

 

叱るときは感情を出さないのが基本

 

皆が忙しい状態で共同作業を行う。

こういう経験が皆無の新卒社員もいます。

 

その状況で上司から強い指導を受けると精神的に参ってしまう部下も出てきます。

しかし、必ずミスはするでしょうし叱らない訳にもいきません。

 

ここでは、叱る時に気を付けるべきことを書いています。

 

関連記事

 

指導は一貫性を保つ

 

その時の状況や気分によって指導内容がコロコロ変わるようでは、予備知識のない新卒社員は混乱するだけです。

指導は一貫性を保ち、部下に指導したことは上司も実践できないと問題になります。

 

ここでは、指導が一貫性を保つことの重要性を欠いています。

 

関連記事

 

過ちを犯しやすい新人をフォローする

 

新入社員は過ちを犯しやすく失敗を良くします。

これは、仕事に対する考え方が出来上がっていないのが原因です。

 

この失敗に対して適切に指導できれば、新入社員教育は捗ります。

 

ミスがいつまでも直らない時は

 

同じ失敗を繰り返す人が居ます。

新卒の社員の場合に限らず、会社の環境に慣れていない新入社員の場合はありがちです。

 

これは、会社のシステムに問題が有る場合もあります。

しかし、本人が失敗している事に対する考え方を改める必要が有る場合も散見されます。

 

ここでは、同じ失敗を繰り返す部下に対する指導方法を書いています。

 

関連記事

 

失敗して落ち込んだ時は

 

仕事と言う物に従事した事が無い人の場合、大した事のない失敗でも酷く落ち込んだりします。

この時、落ち込んでいる相手に対して指導を行うのは上司としても躊躇われます。

 

この時に、適切な態度を取らないと失敗して落ち込むと言う連鎖を改善できません。

落ち込む事が癖になっている人もいるからです。

 

ここでは、落ち込んだ新人を立ち直らせる方法について書いています。

 

関連記事

まとめ:新入社員を指導するコツは

 

新卒社員は確かに常識知らずで育て難いかもしれません。

ですが、何も知らないので教えやすいとも言えます。

 

新卒社員が会社に馴染むかどうかは上司の初期教育に掛かっていると言えます。

 

新卒社員の教育を通して上司の側も自分と部署の問題点を見つけ、改善に繋げていく事をお勧めします。

 

この他の部下育成に関わる全ては、こちらの記事でまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です