新入社員は仕事が出来なくて辛いもの?最初から出来る様な考え方やコツがある?

新入社員は仕事が出来なくて辛いもの

最初から要領よく仕事が出来る人はいません。

しかし、可能なら出来る限り最初から成果を出したいものです。

 

そのためには、どういった仕事の進め方が良いでしょうか。

始めて仕事に携わった時の仕事の進め方について書いています。

 

仕事は完遂しないといけない

 

当たり前ですが、頼まれた仕事は最後までやる必要があります。

途中で終えてしまっては意味が有りません。

 

仕上がらないと意味がない

 

仕事は完成してい初めて意味が有ります。

途中でも良いと言う事は有りません。

 

テストでは、途中で提出すれば書いた部分までを採点してもらえます。

しかし、仕事は途中で提出すれば漏れなく0点です。

 

与えられた仕事は最後までやりきる必要があります。

 

過程は評価されない

 

社会に出たら、全ての物事は過程は評価されません。

結果が全てになります。

 

完成されなかった仕事は未完成の仕事としか受け取られません。

どんなに過程で努力したとしても完成しなければ意味が有りません。

 

新人の内は努力を将来性として受け取ってもらえるかも知れません。

しかし、だからこそ早いうちに結果で答えられるように仕事に取り組む姿勢を身に着ける方が良いでしょう。

 

仕事には期限が有る

 

仕事には、仕上げるべき期限が有ります。

完成するまで続ける事は出来ません。

期限が守れないと失敗

 

仕事は完成まで時間を無限に使う事は出来ません。

どんな仕事にも必ず期限が有ります。

 

期限までに完成しなければ、未完成の仕事です。

どんなに完成間近であっても未完として評価されます。

 

これも過程は評価されません。

 

仕事は期限までに完成させる必要があります。

期限までに完成した仕事だけが評価されるのです。

 

期限を確認する

 

最初の内は仕事の期限も解らないので必ず確認しましょう。

同じような仕事でも期限は違いますし重要度も違います。

 

期限は、仕事の優先順位を決めるうえでも重要です。

仕事を受ける際には期限を確認する癖を付けましょう。

 

仕上げる方法は

 

慣れない仕事を期限までに完成させるには上司、先輩のフォローが必要でしょう。

フォローを上手く受け取る方法を学ぶのも新人の仕事です。

 

早めに提出する

 

完成しきっていない仕事でも期限より早めに上司に提出して進め方の確認を行いましょう。

確認を行う事で正しい進め方かこのまま進めて期限に間に合いそうかを見てもらえます。

 

この時、必要ならアドバイスや追加の指示がもらえるでしょう。

 

早めに提出するとは、途中過程を確認してもらう事です。

期限ギリギリまで自力で取り組んだ場合、上司にアドバイスをもらっても取り返しがつかない事もあります。

 

全体の半分に満たないぐらいの完成度で一度確認する方が良いでしょう。

 

優先順位を確認する

 

大体の場合、仕事が一つだけと言うことは無いはずです。

仕事には優先順位が有ります。

 

上司はその辺を解って順番に仕事を手渡してくれているはずです。

ですが、念のために複数仕事が有る場合は優先順位を確認しましょう。

 

優先順位を確認する事で、仕事の進め方についてのアドバイスも貰えるでしょう。

 

慣れないうちは複数の仕事を自分の判断で進めるのは危険です。

仕事が複数になった時に優先順位を確認する癖をつけておきましょう。

 

まとめ:仕事が出来なくて辛い時は

 

  1. 仕事は完成しないと意味がない
  2. 仕事には期限が有る
  3. 期限までに仕事を完成させるには途中で確認する
  4. 仕事が複数ある場合は優先順位を確認する

 

仕事は期限までに上司の望んだ完成度で仕上げる必要があります。

自分のペースで自分の思った仕上がりにする訳にはいきません。

 

特に仕事に慣れないうちは期限も仕上がりも自己判断してしまいがちです。

途中経過を確認してもらう事で、期限と仕上がりを報告して上司と擦り合わせる事が出来ます。

 

期限を確認し、仕上がりを確認してもらいながら業務を行い適時アドバイスをもらうのが最初から上手く仕事を進めるコツです。

 

この記事以外の新入社員が初めて仕事をする際に気を付ける事をまとめた記事が、こちらになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です