体調管理も仕事のうち?健康に働く方法やコツのまとめ

体調管理も仕事のうち?健康に働く方法やコツのまとめ

体調管理も仕事のうち。

これを耳の痛い言葉だとして受け取るか、そりゃそうだと軽く流せるかは人による仕事の受け止め方で違うでしょう。

 

この言葉はまさにそのままの意味で、仕事のうち。

つまり仕事に含まれています

 

仕事に含まれているので、体調不良の時はありがたく有給休暇を取得させてもらいましょう

休む事も仕事です。

 

ここでは、体調の維持管理のコツや、体調不良時の考え方について書いた記事をまとめてあります。

 

体調の維持管理の仕方

 

仕事への姿勢で病気の耐性が変わる

 

仕事に行きたくない時があります。

これには、極度の疲労の場合と仕事への姿勢の影響の時があります。

ですが、どちらにしても病気になる可能性が高くなります。

 

疲労状態で仕事をすると病気になるのは解るかもしれません。

しかし、後ろ向きに仕事をすると病気になりやすいと言うのは受け入れ難いでしょう。

 

ここでは、仕事にやる気が出ない事の原因とやる気を出す方法について書いています。

 

関連記事

 

体調管理は睡眠から

 

睡眠不足はある程度までなら慣れられます。

そのせいで、自分が睡眠不足気味な事に気付かずにいる人が居ます。

 

この手の人は緊張が途切れると居眠りをしたりします。

そして、病気に罹り易く遅刻しやすかったりします。

 

ここでは、寝不足の原因と対策について書いています。

 

関連記事

体調不良時の考え方

 

体調不良でも休まない人が居ます。

冒頭の体調管理も仕事のうちでも述べましたが、仕事の内なので無理せず休みましょう。

 

 

 

体調が悪いと判断するには

 

体調が悪いかどうかの判断基準は仕事を全うできるかどうかです。

仕事を全うできない体調で出社されるのは上司にとっては迷惑以外の何物でもありません

 

なぜか、仕事が出来ない上司は部下が体調不良でも出社させたがるようです。

その部下がミスや事故を起こしたら上司の責任なのですが、理解していないのでしょう。

 

そういう上司は体調不良が原因でのミスや負傷の責任は取れないでしょう。

なので、遠慮せずに休んでしまいましょう。

 

ここでは、体調不良の判断基準と体調不良を押して出社する事のリスクについて書いています。

 

関連記事

 

インフルエンザの場合

 

秋以降に風邪の症状が出た場合、インフルエンザを疑う必要があります。

 

インフルエンザは発症時の発熱の仕方が独特なので、罹り慣れた人は直ぐに解ると思います。(私も直ぐに解ります)

ですが、疑わしい時は医師の診断を受けてから出社する方が良いでしょう。

インフルエンザは感染力が強いため、知らずに出社すると部署を壊滅させてしまう恐れがあります。

 

ここでは、インフルエンザの症状と感染を防ぐために休むべき日数について書いています。

 

関連記事

 

疾病の原因が解らない時

 

病気でもないのに仕事に行く気が起きない。

これは、心の病の可能性もあります。

 

うつ病

 

私もかつて責任者になった際に、うつ病に羅漢した事が有ります。

仕事に行く気が起きず、夜は眠れなくなり、急な動悸等で度々早退しました。

 

特に原因もなく、休日はいたって平気なのに出社前になると体調不良になる。

こういった症状の場合はうつ病の疑いがあります。

 

ここでは、ストレスの度合いがどの程度かを知る方法。

そして、ストレスの度合いが大きい時の対応方法を書いています。

 

関連記事

 

まとめ:健康に働くコツや方法は

 

どんなに管理しても体調不良はあり得ます。

つまり、体調管理も仕事のうちとは、仕事と同じように誠心誠意体調を管理して問題が発生した(体調不良になった)ら対策する(休む)事を意味します。

けっして体調不良者を叱責するための言葉ではありません。

 

体調不良になったら素直に休む。

そして、自分の管理に落ち度があるなら対策する。

そうやって、出来る限り健康な状態で生活する事をお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です