仕事の教え方が上手い下手の見分け方は?教育を受ける相手を選ぶ方法やコツは?

仕事を教えるのが上手い下手を見分ける方法は

人にものを教えるのは、かなり高等な技術です。

会社の上司の中にも部下に指導を行うのを苦手としている人はたくさんいます。

 

それでも、仕事を覚えるためには誰かに学ぶしかありません。

 

仕事を教えてもらう相手を見極める方法と、下手な人にあたった場合の対策を書いています。

 

 

教えてもらう相手を選ぶ

 

実際には、仕事の現場で教育係を選ぶことは出来ないケースが多いです。

もし選べるのなら、よりよい教師に教えてもらう方がスムーズに仕事を習得できます。

 

教えるのが下手な人が多い

 

知識が有る事と教える事が出来る事は違います。

教えるには教える技術が必要です。

 

また、仕事が出来る事と理屈を知っている事も違います。

 

人に教えるためには、行っている仕事の理屈を理解した人が教える技術も持っている必要があります

 

ですが、この二つを兼ね備えている人は少ないです。

 

下手から学ぶと学び直し

 

教え方が下手な人は、やり方は教えてくれます。

しかし、理由や理屈は教えてくれません。

 

要は説明書を朗読するような教え方しかできません。

疑問点に対して要点を教える事も出来ません。

 

本当に理解している人の場合は仕事の流れから作業の理由まで教えられます。

また、疑問点を質問すれば的確にこたえられるでしょう。

 

教え方が下手な人に学ぼうとすると疑問が解決しません。

そのため、何が疑問点が出た場合は自力で学び直す必要が出てきます

 

下手な人と上手い人の差

 

教え方が下手な人と上手い人には大きな差が有ります。

仕事が出来る人は教えるのも上手い人です。

 

下手な人は説明書と変わらない

 

下手な人に学ぶのは説明書を読むのと変わりません。

そこには答えは書かれていますが問題の解き方は書かれていません。

 

下手な人から学んだ場合、応用力が付かない場合が大半です。

応用力を付けるには作業の理屈を知る必要が有るからです。

 

上手い人は流れと理由を教える

 

教え方の上手い人は、仕事を教える際に業務の繋がりや理屈を進んで教えます。

そうする事によって仕事を深く覚えて貰える事を知っているからです。

 

そして、理屈を教える事で教える側も復習出来る事を知っています。

 

また、教えるのが上手い人は教えるのが好きな人の場合が多いです。

そのため、教えている相手の疑問に答えるのを苦にしません。

 

上手い人から教えてもらうのは、教えられる側も気兼ねなく教育を受けられます

 

 

下手な人に教育を受ける場合

 

しかし、それでも教育係を選べない事はあります。

その場合は知りえる限りで作業し疑問点は自習しましょう。

 

理屈を質問する

 

教えるのが下手な人の中には自分が解っているために、言葉足らずになっている人もいます。

この場合は、解らなかった部分を伝える事で教えてもらえます。

なので、積極的に仕事の流れや作業の理由を質問しましょう。

 

この質問をした際に応えられない人は本当に教えられない人のため質問を続けると怒りだす可能性があります。

その場合は質問を控えましょう。

 

怒らせてしまっては最低限の事も教えて貰えなくなってしまいます

 

自分で学び直す

 

教え方が下手な人にあたったら自分で学ぶしかありません。

この場合は、教育係に質問して教えてもらえなかった部分を上司に質問すると有効です。

 

上司は教育係が指導しているはずの事を聞かれた場合、教育係の指導内容に問題が有るのに気付きます。

問題に気付いた上司が教育係を再教育したり、担当を変更したりしてくれるかもしれません。

 

間違っても自分から教育係の変更を依頼しない様にしてください。

教えてもらう側が教えるのが下手だと訴えるのは、大抵の場合は覚える気がないと受け取られてしまいます。

 

教育係の変更がない様なら、解らない部分を自力で勉強するしかありません。

しかし、仕事は自分で学ぶ事の方が多いので、今から自習する癖をつけるのも悪くは有りません

まとめ:仕事を教えるのが上手い人と下手な人の差は

  1. 仕事を教えるのは上手い人と下手な人が居る
  2. 上手い人は理由と理屈を教えられる
  3. 下手な人はやり方だけしか教えられない
  4. 下手な人に教育を受ける場合はこちらから質問する
  5. 質問してもだめなら上司に質問する

 

仕事を覚えるのは自分のためです。

教えてもらえるのを待つのは、教える側の都合待ちになるので自分にとって余り良い結果になりません。

 

教え方が下手だと感じたら、理屈を質問して様子を見ましょう。

ダメなら自力で勉強するほかありません。

 

下手な人にあたったら反面教師として受け止め、自分が理屈や理由を教えられない仕事の覚え方をしない様にするのをお勧めします。

 

この記事以外の新入社員が初めて仕事をする際に気を付ける事をまとめた記事が、こちらになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です