仕事でミスして落ち込む新人を立ち直らせるには?上手い方法や励まし方は?

仕事でミスして落ち込む新人を立ち直らせるには

ミスをすると落ち込んでしまう新人が居ます。

 

落ち込んでいる間は仕事が停滞してしまいます。

また、上司としては仕事の話の続きをして良いものか悩む人もいるでしょう。

 

ここでは、失敗して落ち込んだ人を素早く立ち直らせる方法を書いています。

 

新人はミスして仕事を覚える

 

そもそも落ち込ませなければ良いのでは。

そう考えますが、失敗しない新人も居ません。

 

そして、失敗は成長に必要不可欠です。

ショックから立ち直る事も失敗の意味

 

失敗しなければ落ち込む必要もありません。

しかし、落ち込んだ経験が無ければ立ち直る経験も出来ません

 

成功続きの人が、ある時失敗して茫然自失になり失敗の被害を拡大させると言う話は結構聞きます。

 

新人の間に失敗から立ち直る事を覚えてもらうのも仕事の内です。

 

早く立ち直る方が早く覚える

 

失敗のショックから立ち直るのが早いほど、対策も早く行われます。

当然、仕事全体のスピードも上がります

 

失敗から立ち直るのも技術の一つです。

失敗させて覚えるの真髄の一つは、失敗しても冷静でいられる心を作る事に有ります。

 

強く叱るのは逆効果

 

失敗した新人が立ち直るのを黙ってみている訳にも行きません。

上司としては、落ち込んでいる新人を立ち直らせる必要が有ります。

 

しかし、強い感情をぶつけるのは逆効果になります。

 

失敗がトラウマになる

 

失敗した人に強い感情をぶつけると立ち直るよりも先に失敗に対する忌避感が生まれてしまいます。

つまり、二度と失敗したくないと言う思いです。

 

二度と失敗したくないと適度に思われる分には必要です。

しかし、失敗に対する忌避感から業務を避けられたりする事も考えられます。

 

避けると言っても業務から逃げられるわけではないため、業務中に逃げ腰で仕事にあたる事になります。

結果的に、その業務が苦手な新人になってしまいます。

 

集中力を欠く

 

人は失敗を意識し過ぎると、もう一度失敗します。

これは前回の失敗の事を考えていて作業に集中できていないのが原因です。

 

強い感情で叱るのは失敗から立ち直るよりも、むしろ失敗の傷を広げます。

 

新人の失敗は上司にとってはありえないような簡単なミスが多いでしょう。

だからと言って頭ごなしに叱ってしまうと育たない新人になってしまう可能性が有ります

 

早く立ち直らせるには

 

素早く立ち直らせるには、意識を失敗から次の事に向ける必要が有ります。

要は気を逸らす事が大事だと言う事です。

 

逸らすのならば、大事な方向に向けるのが大切です。

 

慰めるのはNG

 

落ち込んだ新人を慰めるのは依存を生んでしまいます。

つまり、失敗したら慰めてもらえると言う考えです。

 

落ち込んでいる新人を立ち直らせるのに必要なのは、次に何をするべきかを考える事です。

慰めは次に行くのではなく本人を立ち止まらせてしまいます

 

失敗して落ち込んだ新人に一番やってはいけない事は慰める事です

 

対策を考えさせる

 

失敗して落ち込んだら、次に何をするべきかに考えを集中するように指導しましょう。

失敗した後なので、処置や対策について考えさせることになります。

 

失敗したら対策を考える癖を付けさせるのが、最も良い落ち込まない方法です。

 

この際に、どうやって対策を考えていくかの指導も行うと有効です。

一人で考えさせるのも有りですが、最初は有効な対策の考え方を一緒に考えてあげる方が良いでしょう。

 

自分の過去の失敗を話す

 

経験豊富な上司なら、新人の失敗に近しい失敗を経験しているはずです。

新人に自分の失敗談を話してあげましょう。

 

上司の失敗談は、失敗しても上司の様に復帰できると言う再現性のある話です。

部下は上司の失敗談からは知識よりも勇気を貰えます。

 

上司の失敗談から、部下は失敗しても取り返す事が出来ると学びます。

そして、失敗が無駄でない事を知るのです。

 

まとめ:ミスして落ち込む新人を立ち直らせるには

 

  1. 失敗からの立ち直り方も学んでもらう必要が有る
  2. 失敗時に強くしかると、その後に業務に悪影響がある
  3. 失敗して落ち込んだ人を慰めてはいけない
  4. 落ち込んだら対策に考えが向く様に習慣づける
  5. 上司の失敗談を聞かせると部下を勇気づけられる

 

失敗からは多くの事が学べます。

落ち込んだところから立ち直る術も失敗から学べることの一つです。

 

上司は立ち直り方を教えると言うよりは、立ち直るのをフォローするのが役目です。

強く叱れば、立ち直るよりも前に潰れてしまう可能性が出てしまいます。

 

落ち込んだ相手には、上司は自分の失敗談を明るく話してあげましょう。

そして失敗は無駄ではなく必ず対策して挽回できるのだと示してあげるのをお勧めします。

 

この記事以外の新入社員や新人への指導に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

また、これ以外の失敗に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です