仕事を定時で帰るのは新人には難しい?言うタイミングや理由によっては簡単?

仕事を定時で帰るのは新人には難しい

仕事を定時で帰るのは普通に考えれば当たり前の事のように感じます。

ですが、職場によっては残業が常態化しており帰れない雰囲気の所もあるかと思います。

 

そういった場合には帰る事は不可能なのでしょうか。

定時で帰ったり早退する事について、どうするべきかを書いています。

 

定時帰りや早退について

 

定時帰りは別に悪い事ではありません。

しかし、早退は当日に申し出た場合は最悪欠勤になります。

 

定時で帰る

 

定時で帰るのは、何も悪い事ではありません。

しかし、残業が常態化している職場では帰り難いでしょう。

 

定時で帰るのが悪なのは、仕事の予定が狂うためです。

 

残業が常態化している職場では全員が残業する事を前提に予定が組まれています。

そのため、急に定時で帰る事を申し出ると予定に問題が出る事が有ります。

 

早退する

 

早退の扱いについては、それぞれの会社の就業規則を確認する必要があります

会社によって有給扱いになるところや欠勤扱いのところ。

有休扱いでも半日分しか消化しないところ等、様々です。

 

早退も、仕事に対する問題点は予定の変更を余儀なくされるところです。

 

ですが、多くの場合は早めの連絡によって上司が予定を調整してくれます。

 

 

早く帰るために必要な事

 

定時で帰るにしろ早退するにしろ会社の立場に立って考える必要があります。

つまり、予定に影響しない様にするにはどうすれば良いかです。

 

事前に連絡する

 

事前に連絡する事によって、上司が仕事を調整する余裕が生まれます。

 

仕事は組織で行っています。

組織で行っていると言う事は、全員で協力して行っていると言う事です。

 

この組織だった仕事を管理しているのが部署の上司になります。

上司は組織に欠員が出た際に以降の作業をどうすれば行えるのかを考えて指示する必要があります。

 

早めに連絡するほど上司の予定変更の作業を助ける事になります。

 

自分の仕事を調整する

 

定時、早退で帰っても問題ない様に自分の仕事を終わらせる。

もしくは、帰っても問題ない状態にしておく必要があります。

 

定時や早退が困るのは仕事の予定が狂う事です。

事前に自分の仕事を片付けてあれば、予定が狂う事は有りません。

 

これも、片付けるのが難しければ上司に相談するのが良いでしょう。

上司がアドバイスや引き継ぐ相手を用意してくれたりするはずです。

 

 

連絡するタイミングや理由は

 

出来るだけ早く連絡する事で上司の負担を減らせます。

一番困るのは当日に連絡する事です。

 

出来るだけ早めに連絡を

 

帰らなければならない日が解ったら、即座に連絡すると良いでしょう。

万一、その日の朝に発覚した場合は朝一番に上司に連絡するしかありません。

 

先にも書きましたが、上司は予定を調整する必要があります。

あなたも予定の一部に組み込まれているので可能な限り早く連絡して予定を組みなおしてもらいましょう。

 

早めに連絡しても上司から断られるようなら、理由を聞いておきましょう。

今後も帰る可能性が有るので対策する為です。

 

定時も早退も労働者に権利は有ります。

全く帰らせてくれないのは問題です。

 

ただし、会社に迷惑を掛け続けるのも良くありません。

必要な時だけ帰る様にして、帰る場合は出来るだけ迷惑にならない様に仕事を調整しましょう。

 

理由は不要だが正直に

 

定時で帰る事と有給休暇が残っている状態で早退する事に関しては労働者の権利なので本来は理由は必要ありません。

 

ですが、理由を言うのと言わないのでは上司の印象は違うでしょう。

理由を言う事で、場合によっては上司から帰り方のアドバイスを貰えるかもしれません。

なので出来るだけ正直に理由を言っておく方が良いでしょう。

 

ですが、誰かのプライバシーに関わるような理由なら「用が有って」と濁してしまっても構いません。

理由を言わなければいけない、と言う決まりが有る訳ではありません

 

まとめ:仕事を早めに帰るのは難しくない

  1. 定時や早退で帰る問題点は予定が狂う事
  2. 事前に連絡して仕事を調整する事で予定への影響を減らせる
  3. 帰る場合は出来るだけ早く上司に連絡する
  4. 理由は不要だが伝えるとアドバイスがもらえる

 

残業無しの会社と言うのは今でも珍しい部類です。

 

ですが、定時帰りは悪い事ではありません。

帰りたいときはハッキリと帰る旨を伝えましょう。

 

仕事は生きるための手段です。

 

帰る理由が有ると言う事は、仕事より優先する何かが有ると言う事でしょう。

あくまでも生きる手段でしかない仕事を、いつでも優先しなければならない理由もありません。

 

帰りたいときは早めに上司に連絡して許可を貰って帰る様にして、仕事とプライベートのバランスを取る事をお勧めします。

 

この記事以外の新入社員が仕事をする時の時間管理に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です