仕事の責任の取り方とは?上司だけでなく部下にも関係ある?

仕事の責任の取り方とは?上司だけでなく部下にも関係ある?

仕事でミスが有った場合の責任。

これは普通に考えれば指示した上司に有ります。

 

では、仕事を担当した本人には何の責任も無いのでしょうか。

 

仕事の責任とは何かを書いています。

仕事上の失敗は指示した上司の責任

 

上司は部下の仕事に責任を持ちます。

それは部署と部下を管理するのが仕事だからです。

 

上司は指示する代わりに責任を持つ

 

上司は部下に仕事を指示と言う形で強要できます。

その代わりに指示に対して責任を持ちます。

 

通常、部署の仕事は上司の指示で行われています。

そのため部署内の失敗は全て上司の責任になります。

 

失敗した事の責任は対策で果たす

 

失敗に対する責任は対策と言う形で果たされます。

 

謝罪や対処だけでは不十分です。

次から失敗しないシステム作りや部下の指導、教育が責任を果たす行動です。

 

上司はこれらの対策方法を考え実施する責任を負っています

責任の所在は上司だけではない

 

上司に責任が有るのはあくまでも形式上の話です。

業務を実施していた当人にも責任は有ります。

 

それは、上司と同じく次から失敗しない対策を行う責任です。

 

対策する事で責任が果たせる

 

失敗をそのまま放置しては次回も同じ失敗が繰り返される可能性が残ってしまいます。

この、失敗が繰り返されない様にするのが業務をしていた当人の責任です。

 

失敗には、本人にしか解らない失敗の原因等が有ります。

それらの情報を上司に報告し、上司と共に対策を行う責任が失敗した本人にはあります

 

処置だけするのが無責任

 

失敗に対応して処置だけ行い次回からの失敗の再発防止策を打たない。

この状態が最も無責任です。

 

業務の大半はルーチンワークで毎日繰り返し行われています。

つまり、失敗する可能性が有る仕事をそのままにすると近いうちに必ず失敗が再発すると言う事です。

対策しないと失敗の度に業務が停滞して不利益を被ります。

 

失敗に対して対策しないのは、会社に損益が出るのを放置したのと同じです。

正しく責任を全うするには

 

誰の責任だからと言う問題ではなく、部署の問題です。

ひいては会社の問題です。

 

上司が責任を取るとしても、皆で対策しなければならない事に変わりは有りません

 

対策まで実施する

 

再発防止策まで行えて責任全うです。

 

失敗した本人は失敗当時の状況を報連相する事が重要です。

 

特に新人の場合等は対策案を考え出せない場合もあります。

その場合は、失敗発生時の状況をどれだけ伝えられるかが重要になります。

 

事件などと同じように、失敗したら現場をそのままにして上司に直ぐに報告するのが良いです。

(負傷者が出ている場合を除く)

 

当事者意識を持つ

 

確かに責任は上司にあります。

しかし、当事者意識を欠いてしまっては対策は行えません。

 

当事者意識とは、物事に対して自分が関わっていると言う意識です。

 

例えば、電車が遅れて遅刻したとします。

この時に電車が遅れたから「遅刻は自分のせいではない」と考えるのが当事者意識が無い状態

電車が遅れても良いように「別の移動手段や早めの電車に乗る」と自分の責任だと受け止めるのが当事者意識が有る状態です。

 

対策でも何でも、当事者意識の有る無しは仕事の質に大きく影響します

まとめ:仕事の責任の取り方は

 

  1. 仕事の失敗は上司の責任
  2. 対策する事で責任を果たせる
  3. 上司が責任を取るとしても失敗は皆の問題
  4. 対策を実施するには当事者意識が必要

 

失敗などの問題が発生した時、責任の所在探しに力を割いてしまう人が居ます。

しかし、誰に責任が有ろうと会社の損害であることに変わりは有りません。

 

会社に損害を与えた場合、確かに上司は責任を取ります。

しかし、評価は大抵の場合は個人単位で行われます。

 

上司が責任を取るからと問題を放置すれば信用を失ってしまい評価も上がらないでしょう。

そして、他人事にして仕事に取り組む人は信用も得られないはずです。

 

失敗に対しては、誰の責任かではなく部署の問題として取り組むことをお勧めします。

 

これ以外の失敗に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

また、この記事以外の仕事を覚える事に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です