部下の退職への対応方法は?兆候の見極め方や引き留め方のまとめ

部下の退職への対応方法は

部下が退職を申し出てくるのは上司としてはショックだと思います。

部下が退職を考える様な管理を行っていると言う事になるからです。

 

部下が退職を切り出した際は、他の問題発生時と同様に原因究明と対策を行う必要があります。

 

ここでは、部下の退職の兆候を見つける方法と、退職を告げられた後に取るべき行動をまとめてあります。

 

退職の兆候を見逃さない

 

部下が退職を告げてきたのを突然だと思っているうちは部署は管理出来ていません。

部署の管理者は部下の退職の兆候を見極める必要があります。

 

退職の兆候の見極め方

 

退職の兆候を見極める方法は、部下との信頼関係を築く方法と同じです。

部下の話を聞き、要望に応える。

 

上司が十分に信頼関係を得られる関係を維持しているなら、退職の兆候を発見するのも容易でしょう。

尚且つ、退職に至る部下の迷いや悩みを部下の方から相談してくれるはずです。

 

ここでは、部下が退職に至る過程で見せる兆候と対応方法について書いています。

 

関連記事

 

 

退職を告げられた場合の行動

 

退職を告げられてしまった場合、上司の取るべき行動は。

  1. 部下に退職理由を聞いて、改善策を考えて実施する。
  2. 部下を引き留めるために要望に応える。

この二点になります。

 

先ず理由を聞く

 

退職を告げられたら、先ず理由を聞く必要があります。

 

部下を引き留めるにしろ、次の退職者を出さないように対策するにしろ原因が解らない事には始まりません

 

ここでは、部下から退職理由を聞き出す際の方法と注意点について書いています。

 

関連記事

 

事前策をとれないか考える

 

本当は退職を告げられる前に対策しておきたかったはずです。

退職の兆候を見極めるのも大事ですが、本来なら信頼関係が有れば兆候を血眼になって探す必要もありません

 

ここでは、信頼関係の構築が退職を事前に防ぐのに役立つ事と信頼構築の方法を書いています。

 

関連記事

 

退職理由に対する対応

 

退職理由に対して、適切な対応をする事で退職者を慰留する事が出来るかも知れません。

 

慰留に関しては会社の本文を曲げてまで人材確保のために慰留するのは得策ではありません。

あくまでも部署改善の一環で慰留出来たら良いぐらいの考えで行って下さい。

 

人間関係の改善

 

退職理由の中で人間関係による退職は最も多い理由になると思います。

 

ただ、人間関係と言う理由には退職者本人が自分の問題を他人に責任転嫁している場合もあります。

なぜなら会社は仕事を行う場所で他人と交流する場所ではないからです。

 

ここでは、人間関係が原因で退職する部下が発生した際に上司が出来ていなかった事や、これから行うべき事を書いています。

 

関連記事

 

退職理由を作らない

 

未熟な上司は良かれと思って部下の不審を作り出してしまう事が有ります。

上司自らが退職理由になってしまっては本末転倒です。

 

他人の部下の相談に乗らない

 

信頼関係構築は部下の話を聞く事によって成り立ちます。

しかし、これは直属の部下の話であって他人の部下に対しては適用されません。

 

上下関係には責任区分が有ります。

他人の部下の話を聞く事は、話を聞いた部下に勘違いを起こさせる可能性が有るため百害あって一利なしです。

そして、この問題は退職へとつながる問題になりえます

 

ここでは、親切心から他人の部下の相談に乗った際に発生する問題について書いています。

 

関連記事

 

まとめ:部下の退職への対応方法は

 

退職を告げられると言う事は、部下との信頼関係の構築が出来ていないと見て良いです。

しかし、これは逆に言えば部下との問題に対して出来る事がまだある事を示しています。

 

信頼関係の構築は直ぐには出来ません。

ですが、信頼される上司になろうとしなければ始まりません。

 

退職者が出るのは社会的な要因でも会社の問題でもなく直属の上司の管理不足が原因です。

 

退職者が出た事に上司は責任を感じ、同じ問題が発生しないように対策を講じるのをお勧めします。

 

この記事以外の部下との信頼関係構築に関する記事のまとめ記事を、こちらでまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です