部下から相談を受けたら?正しい対応で退職を防ぐ方法は?

部下から相談を受けたら

 

 

今回は私の管理職人生においても最も発見が困難で、尚且つ対策も難しかった退職理由の話です。

 

 

病気の時にセカンドオピニオンと言う行動が有ります。

患者が納得できるように第二の医師に意見を求める行為です。

 

解らない事がある時、あなたは直属の上司に相談する様に指導されていると思います。

相談した時に得られた回答が納得できない場合にセカンドオピニオンの様に上司の上司他部署の管理職に相談する事は有りませんか?

 

 

実は、この行為には相談者に危険な心理状態を作り出す事が有ります。

 

医療では重要なセカンドオピニオンですが、職場で行われた場合の恐ろしい効果とは。

 

部下が勘違いを起こす

 

上司=仕事を指示する人

部下=指示を守る人

この法則が崩れていく原因と過程を書きます。

 

部下の心理で何が起こるか

 

上司であるあなたの上司(あなたが課長なら部長)

もしくは、あなたと別の管理職(あなたが課長なら別の部署の課長)

これらの人(あなた以外の上司なので他の上司とします)に、あなたの部下が相談に向かったとします。

 

他の上司が、この相談で

「それは『お前の上司が間違っているな』」

と言うたぐいの発言をした場合、部下の中で

自分の上司が間違っていた

と言う心理と

こちらの上司の方が自分の話を聞いてくれる

と言う心理が発生します。

 

この瞬間から部下が上司の指示を評価するようになるという事を意味します。

 

部下は上司からの指示に対して「やるべきかどうか」考えるようになります。

 

再び何か納得できない事が有った場合に以前に話を聞いてくれた他の上司に話すようになります。

そうして尚更「やるべきかどうか」考える場合が増えていきます。

 

これは、部下が仕事を処理する速度に悪影響を与えます。

上司から見れば指示しても作業を始めるまでが遅い(あるいは作業を始めない)部下に見える事でしょう。

 

しかも、その原因を相談してくる事もありません。

最終的には聞いても答えてくれない事すらあるでしょう。

 

 

この状態になると上司側から部下の状態を探るのがかなり難しくなります。

 

なぜ他人の部下の上司を批判をするのか

 

誰だって人からは好かれたいです。

他人の部下の相談を無下にするより、同情してあげる方が互いに心地良いでしょう。

 

自部署を見る際は部下に同情すると仕事が進みません。

他人の上司を批判する時は、それが自部署でない事や接の部下でないと言う理由から、批判する上司は発言に一切責任を負わずにいられます。

 

そのため、自部署では規律を保つために厳しい人でも他部署には甘かったり

直接の部下には厳しくても、そのまた部下には甘かったりする人が出てきます。

 

 

そして、それらの他の上司が「悩みを解決する」と言う大義名分の元で他の上司の批判をするのです。

そこには相談する部下と相談される上司の間でお互い気持ちいい関係が発生します。

 

相談する部下は他の上司に認められているので承認欲求が満たされます。

相談される上司は悩みを解決する事で達成感を得られます。

 

お互い気持ちいいので、この関係は続きます。

 

そして、相談している部下は最悪の状態になります。

 

部下が落ちこぼれる

 

上司からの指示を疑っている部下は仕事が以前より出来ない状態です。

 

普通なら仕事が出来ていない事を上司から指摘されるので危機感を持つはずです。

しかし、相談している他の上司が認めてくれているので危機感を感じなくなります。

 

上司から見ると何を言っても改善しない部下の誕生です。

 

改善しないので、上司は部下の問題点を指摘するばかりになるでしょう。

そして部下は指摘を「上司が間違っている」として聞き入れません。

 

仕事が出来なくなった部下を評価する上司は居ません。

結果として部下側から見ると「自分が悪い訳じゃないのに評価してくれない上司」になってしまいます。

 

部下はこの上司の下では評価されないと考え、最終的には退職してしまいます。

 

どうやって防ぐか

 

報連相をルール化して徹底させる。

これが一番理想なのですが、人間なので関係ない他人に弱音を吐いてしまったりするものです。

 

では、それ以外の対策方法はと言うと。

 

 

発生してから防ぐのは困難

 

普段から、問題が起きた時の相談相手は誰なのか報連相をルール化しておいて指導しておきましょう。

 

違う人に相談した場合は「ルールどおりでない」と言う理由で指導を行います。

 

納得しない様なら

「他の上司はこの部署の仕事に詳しい訳じゃないから」とか

「違う人に相談すると、その人の仕事を止めてしまって迷惑が掛かる」と言ってあげると納得するはずです。

 

他の上司は関わらない

 

あなた自身が管理職の場合はあなたが原因で他の部署に迷惑が掛かる場合もあります。

他所の部署の社員や、部下の部下からの相談は

「決めれた相手に相談してくれ」

と追い返すべきです。

 

そして、自分の所に相談に来ていた事を、本来相談するべき相手に伝えてあげましょう。

 

こうする事によって何回も訪れられるのを防げます。

 

 

全管理職の理解が必要

 

会社内全てを見張る事は出来ません。

全管理職がこの問題を理解していると助かります。

 

しかし、「相談に来たなら誰でも助けてあげるべきだ」と言う意見が出てしまう場合が有ります。

この問題は特に普段部下との関りが薄い、上の方の役職の人(社長、部長、会長等)に理解を得られにくい側面が有ります。

 

その場合は、自分の部下に他で相談しない様に徹底させつつ部下の悩みをこまめに聞いてあげるしかありません。

 

まとめ:部下から相談を受けた時の正しい対応

  1. 他の上司に相談は危険信号
  2. 他人の部下には関わらない
  3. 部下も上司も報連相のルールを徹底する

 

私の会社では、この時の相談相手は社長の息子(部長)でした。

この問題が原因で3人の社員に退職されてしまいました。

 

3人目の退職直前までは、急に言うことを聞かなくなる部下に困惑していました。

本当に、何が起こっているか解らなかったものです。自分の指導に何か落ち度があるのかと悩み続けていました

 

あなた他部署の相談を受けているなら、退職まで行かないとしても相談相手の仕事のパフォーマンスを落とすだけなので相談を受けるのはやめておいた方が良いです。

相談に行こうとしている側なら、相談相手を間違わないようにしてください。

 

部下の退職対する対応をまとめた記事は、こちらになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です