部下の叱り方にはコツがある?指導を素直に聞いてもらう方法は?

部下の叱り方にはコツがある

上司の方が経験豊富です。

なので、部下の失敗は上司からすれば

「そんな事も出来ないのか」

と思えるものばかりになります。

 

この時に感情的に叱っても効果はありません。

 

感情的に叱ることの問題点と、素直に指導を聞いてもらうコツについて書いています。

 

強い感情をぶつける事の問題

 

強い感情で攻められているとき、人が気になっているのは話の内容よりも相手の感情の動向です。

 

叱られている内容より機嫌が気になる

 

人は強い感情にさらされると防衛本能が働きます。

相手が攻撃してくるかもしれないと思うのです。

 

これでは相手の後の行動が気になって話は頭に入りません。

どんなに上司が力説しても、部下が見ているのは上司が次に何をするかだけという事になってしまいます。

 

機嫌が悪いから怒られたのかと勘違いする

 

強い感情で叱られた場合、部下は理由を勘違いする場合があります。

 

人は物事を自分の都合の良い様に解釈しがちです。

強い感情で叱られると機嫌が悪かったと思うのです。

 

これによって部下が気を付けるのは次の失敗ではなく上司の機嫌の良し悪しです。

指導はまったく意味を成しません。

 

抵抗感が増してしまう

 

働いた防衛本能によって、人は相手の言いなりにはならないと心を閉ざしてしまいます。

 

上司が起こるのは部下に改めてもらいたかった事があったからです。

心を閉ざした部下は返事をするだけで、考えを改めようとは思いません。

 

ひどい場合には抵抗感が行き過ぎて反発心になり

「二度と言う事を聞いてやるものか」

とまで思うようになります。

 

 

素直に指導を聞いてもらうには

 

部下の側に立った叱り方なら抵抗を受ける事はありません。

上司自身が失敗を指摘された時に抵抗感がない方法を選ぶ必要があります。

 

感情を抑える

 

まず、何よりも感情をコントロールする必要があります。

 

感情を抑えると考えると我慢するという精神的な話になります。

しかし、怒りの感情は発露がないと長続きしません。

 

怒りを抑えるには、直ぐに叱らずに先ずは状況確認を行う癖をつけるのが有効です。

 

状況を調べているうちに指摘するべき部分の詳細も見えてくるでしょう。

そして時間の経過とともに感情も落ち着いてくるはずです。

 

これは失敗してしまった部下の側にも失敗した直後の動揺から立ち直る時間を与えます

なので、二重の意味で有効です。

 

直ぐに指摘する

 

状況確認が終わったら、直ぐに指摘を行いましょう。

 

失敗が多い部下の場合、後でまとめて指摘したくなるかもしれません。

また、皆が同じような失敗をする場合には終礼や明日の朝礼で指摘しようと思うかもしれません。

 

しかし、時間が経ちすぎると当事者意識が薄れてしまいます。

 

上司の怒りが収まり、部下の動揺が収まれば直ぐに指導を始めるべきです。

 

二人になる

 

指導が長くなりそうな場合は、叱られている部下を晒し者にしないように二人きりになりましょう。

別室でマンツーマンになるのが理想です。

 

周りからみられている状況では、部下の自尊心を傷つけるので立ち直るのに時間がかかってしまいます。

 

また、周囲が気になって指導に集中出来なくなる事も二人きりになれば防げます。

数秒で済むような指導でない場合は、迷うことなく二人きりになりましょう。

 

まとめ:部下の叱り方にはコツがある

  1. 強い感情をぶつけると指導を聞いてもらえない
  2. 酷い場合には以降の指導も聞き入れてもらえない
  3. 指導を行う際には感情をコントロールする
  4. 落ち着く時間を稼ぐために状況確認を優先する
  5. 指導が長くなる時はマンツーマンで指導する

 

怒ると叱るは違います。

感情が乗っているのは怒るであって叱るではありません。

 

部下に指導を素直に聞き入れて貰うためには、当然必要に応じて叱る必要はあります。

 

叱るのは指導です。

相手を倒すのではなく導くのが指導です。

 

部下に強い感情をぶつけて敵に回してしまわないよう、指導の際は感情のコントロールに意識を向けるようにお勧めします。

 

これ以外の新入社員の教育方法は、こちらにまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です