仕事が出来ない上司にはどんな特徴がある?対策や対処法は?

仕事ができない上司

 

 

仕事が出来ない上司もいます。

私もかつては無能上司でした。

 

上司も人間なので成長して段々と優秀な上司になるはずなのですが、仕事内容を勘違いしてしまっていて仕事が出来ないままの上司も居ます。

 

普通は上司の上司が勘違いを修正して成長する様にするはずです。

しかし、仕事が出来ない上司の上司が部下を育てられない上司だった場合は望み薄です。

 

仕事が出来な上司の下についてしまったらどうすれば良いのでしょうか。

 

仕事が出来ない上司の特徴

 

上司になると部署と部下の管理という管理業務を行うようになります。

特に実務が得意だった優秀な人ほど個人プレイが得意で管理業務が苦手な傾向があります。

 

得意な仕事があると、そちらに逃げてしまって苦手な仕事が覚えられない場合があります。

こうして上司として優秀でない状態が続いてしまいます。

 

上司の仕事を理解していない

 

そもそも上司は部下の管理を行うのが仕事です。

しかし、実務も管理も行うプレイングマネージャーの場合、実務を行っている事で仕事をしていると勘違いしがちです。

 

実際、管理業務は実務よりも体力が要らないので仕事している感がありません

その事から、実務を優先する上司が居ます。

 

部署の仕事の計画や目標管理、部下の育成等々の管理業務より実務を優先されると部署が効率よく機能しません。

部下の仕事を均等に割り振る事も出来ないでしょう。

 

こうして部署が非効率になり、更に実務を上司がするという悪循環に陥ります。

 

部下に仕事を任せられない

 

部下に仕事を指示する方法が解らない状態です。

上司は、部下=他人を通して仕事を達成する能力が必要です。

 

そのためには、管理業務以外の全ての仕事を部下に割り振る必要があります。

 

しかし、中には部下に仕事を頼む事自体に罪悪感を持っている人や部下からの反発を恐れて指示出来ない上司も居ます。

 

部下に仕事を任せないと部下が育たない事になります。

結果として部署の能力は現状維持になり上司が部下の分の仕事をしている事から結果を出せない部署になってしまいます。

 

自分に自信が無い

 

上司としての自分に自信が無く、以前まで行っていた実務に逃げてしまっている状態です。

 

大抵の場合は管理職になってからしか管理業務の行い方を学びません。

管理業務を覚えていく過程で大きな失敗をして(部下の退職や部署の目標未達など)自信が無くなった状態です。

 

結果、実務を自分が殆ど受け持つようになりますが一人で全て出来る訳が無く部署の仕事が滞ってしまいます

 

部下の方が優位な事

 

部下の方が出来る、解る部分が有ります。

その部分で仕事が出来ない上司をフォローする事で現状を変える事が出来ます。

 

部下の方が得意な事

 

部下は上司からの指示で部署の実務を行います。

上司は管理業務も行うので実務は部下程は行いません。

自然と部下の方が実務は得意になります。

 

また、実務上の問題点や改善点に気付き易いのも部下の方になります。

 

部下が最前線で仕事をしている状態なので部署の仕事の細部を知っているのは部下の方になります。

 

上司の仕事は部下の情報が必須

 

上司は部署の仕事の全体的な流れや目的は部下よりも詳しいです。

それは上司が更に上の上司から仕事を指示されているので当たり前です。

 

しかし、上司は部下の行っている仕事の細部(進行状況、予測される問題点)は解りません。

 

上司は部下からの報告なしには部署の目標に対する仕事の進捗は管理出来ません。

当然、進捗が解らなければ計画の修正も出来ません。

 

部下の方が実務が得意で仕事に詳しく、上司は部下の仕事の情報を常に欲している状態です。

この事を上司も部下も理解しておく必要があります。

 

上手く付き合うための対策

 

部署が円滑に仕事をする為には上司が部署を管理して部下が何処までフォローできるかに掛かっています。

上司が上手く仕事が出来ていない場合には部下の得意な面で上司を助け続けるしかありません。

 

上司に相談して決めてもらう

 

実務の問題点や進捗を上司に聞かれるより前に相談します。

仕事が出来ない上司は基本的には部下に仕事を任せた後は自分の仕事に掛かり切りです。

 

問題点や進捗状況が納期に間に合わない可能性がある場合は早めに連絡して指示を仰ぎましょう。

 

上司が聞いてくるまで待っていては仕事が破綻する可能性があります。

 

聞かれなかったから答えないのではなく、こちらから相談に行きましょう。

仕事の最前線の現状は部下の方が詳しいので上司は聞くべきタイミングか解らないだけかもしれません。

 

問題かもしれないと思ったら先ず相談しましょう

 

自分の方が得意な仕事を渡してもらう

 

上司が実務を抱え過ぎているようなら、無理のない範囲で実務を渡してもらいましょう。

上司は仕事を頼むのが苦手なだけかも知れないので、まだ出来る事を伝えれば渡してくれるかもしれません。

 

部下の方が得意な仕事、早く終わらせられる仕事は多々あります。

明らかに自分の方が早く終わらせられるなら代わりに仕事をする方が部署全体の仕事の処理速度が上がります。

 

実務が減る事で上司も管理業務を行う事が出来るようになり、部署の仕事が円滑に処理されるようになります。

 

上司のフォローも仕事に組み込む

 

実務に逃げてしまっている上司の場合、部署の管理が疎かになっている場合が大半です。

上司に決めてもらったり指示してもらうべき仕事がある場合は、部下の側から「あの件はどうしましょう」と聞いて気付かせてあげる方が良いです。

 

ずっと仕事をしていれば部下の側でも仕事の計画がある程度わかるはずです。

計画に沿って仕事がなされているか見ておいて問題がありそうなら上司に修正依頼を出しましょう。

 

部下の方が計画が破綻する可能性に先に気付く事は多々あります。

 

まとめ:仕事が出来ない上司の特徴は

 

  1. 管理業務が理解出来ていない
  2. 部下を上手く使えない
  3. 自信が無い

上司が居ます。

部下の方が得意な事で上司をフォローしてあげましょう。

フォローし続ければ上司の仕事を理解できるようになります。

そうする事によって代わりに上司が出来るようになるという事になります。

 

変わりが出来るくらいに成長すれば、上司が仕事が出来ない事は逆にチャンスになります。

そして、あなたも上司が仕事が出来ない事は気にならなくなっているでしょう。

 

この状態までくれば、昇進も目の前のはずです。

部下の仕事は上司が仕事が出来ようが出来なかろうが上司をフォローする事です。

 

上司が仕事が出来ないのは損ではなく最終的には大きなメリットになります。

出来ない上司をフォローする能力を身に着けて、あなたが上司に取って代わるのを目指してください。

 

 

この記事以外の上司に問題が有る時の事をまとめた記事は、こちらになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です