仕事を早く覚えるには何が必要?勉強の方法やコツのまとめ

仕事を早く覚えるには何が必要?勉強の方法やコツのまとめ

仕事は早く覚えるに越したことは有りません。

私も仕事は早く覚えたかったですし、早く失敗しない自分になりたかったです。

 

物を覚えるのですから人より早く覚えるなら、人より沢山取り組むしかありません。

そして、効率よく覚えるなら取り組むときの考え方や姿勢も重要になります。

 

ここでは、仕事を覚えるにあたっての考え方について書いた記事をまとめてあります。

 

受け身だと辛い

 

仕事は受け身だと大変つらいです。

そして受け身でする仕事は学びもありません。

 

早く覚えるには積極的に仕事する

 

私も仕事は好きではありません。

ですが、受け身で仕事をすると辛いのは知っています。

 

仕事をする時、給料分しか働かないと言って言われるまで何もしようとしない人がいます。

ああした態度で仕事をすると余計に辛いです。

そうした受け身の態度は仕事のストレスを増やします。(周りのストレスではなく本人のストレス)

 

また、受け身だと学びも少なくなります。

結果として仕事を覚えるのが遅くなり、仕事は辛いままになって悪循環に陥ります。

 

ここでは、仕事を自分から選んで進める事の有用性を書いています。

 

関連記事

 

 

 

現場で学ぶ方法

 

座学で学べる部分もありますが、身に付けるには実際にやるしかありません。

仕事を学ぶには現場に出て実際に業務に携わる必要があります。

 

OJTを受ける

 

大体の会社では仕事はOJTと言う形で教えてくれます。

OJTとは仕事を通じて教える。

つまり、現場で実践的に教えると言う教育方法です。

 

OJTで教えてもらう時は

指導の通りに実践しようとする。

ミスを次に活かす。

と言う考えが必要になります。

 

ここでは、OJTを通じて仕事を教えてもらう時の心構えを書いています。

 

関連記事

 

失敗を活かす

 

失敗した時が一番仕事を覚えるときです。

失敗の体験が無い状態での成功体験は、成功した理由を分析し難いため知識が身に付き難いです。

逆に、失敗してからの成功体験は、成功した要因を分析できるため知識として定着します。

 

しかし、失敗した時の考え方を謝ると学びが有りません。

 

ここでは、失敗した時に学びを得る方法や考え方を書いています。

 

関連記事

 

責任の取り方

 

失敗した時に気になるのが責任の所在です。

 

責任の所在は上司にあります。

しかし、だからと言って部下は何もしなくて良いわけではありません。

 

物事を学ぼうと思った場合、当事者意識が重要です。

当事者意識とは、自分に関りが有ると思う意識の事です。

 

失敗の責任は上司に有るのを理由に当事者意識を欠いた仕事をすると仕事を覚える事が出来ません。

 

ここでは、仕事の責任の所在と、上司と部下それぞれの責任の取り方について書いています。

 

関連記事

 

学びを加速するには

 

早く覚えるには、人より沢山学ぶ必要があります。

同じ心持で仕事をするなら、より沢山学ぶのは時間をかけた方です。

 

メモを取る重要性

 

仕事の事をメモする習慣は、有る人と無い人が居ます。

私はメモをする方です。

 

しかし、メモはメモのままでは意味が有りません。

学びをメモから得るには、後でまとめて読み返す必要があります。

 

ここでは、メモを取る重要性とメモを使って学びを得る方法を書いています。

関連記事

 

 

疑問はその場で解決する

 

仕事で解らない事が出た時に、その場で解決していますか?

 

大抵の人は Yes のはずです。

しかし、後回しにする人もいます。

その場で解決すると答えた人でも終業時間を超えた場合は明日に持ち越したりします。

 

その場で解決しなかった疑問点は持ち越して解決出来れば良いですが、明日には忘れているかも知れません。

明日解決しようとしたら新しい問題に直面してそれを解決する時間が必要かもしれません。

 

ここでは、仕事の時間を超えて勉強する事の意義を書いています。

 

関連記事

 

まとめ:仕事を早く覚えるのに必要な物は

 

仕事を早く覚えたいと言うのは誰でも思う事です。

早く覚えるのと楽に覚えるのは似て非なる物です。

 

大抵の人は人並みの能力です。

並外れて物覚えが良かったりする訳ではありません。

 

そうなると、仕事を早く覚えるには人一倍努力するしかありません。

ここで楽な道を探し始めると、楽を探している時間分だけ仕事を覚えられる時は遠ざかります

 

仕事は自分から積極的に熟して、正しい姿勢、考え方で行う事で早く覚えられます。

早く覚えられるかどうかは自分の努力にかかっている事を忘れない様に仕事と向き合う事をお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です