部下に退職を告げられた場合に取るべき行動は?本当の退職理由を聞き出す方法は?

部下に退職を告げられた時に取るべき行動は

自分は厳しい上司として通っていたので、部下から業務以外の話がある事は稀です。

 

切ない事ですが、そんな自分に部下の方から

「主任、話が有ります」「係長、話が有ります」

と切り出された時は殆どが退職の話です。(それ以外は有給休暇の届け出です)

 

今でも「話が有ります」と切り出されたら内心ビビります。

 

部下に退職を切り出された場合に上司としてやるべき事は

・業務改善の為に退職理由を聞き出す。

・業務の効率低下を防ぐため引き留められないか交渉する。

の二つになると思います。

 

ここでは、退職の理由を聞き出す方法について書いています。

退職理由の傾向

 

突然退職を切り出された場合の理由は、大抵の場合は心理的な理由です。

 

良く聞く退職理由

 

「賃金が安いから」

「休みが少ないから」

「他にやりたい事が出来たから」

等のよく聞く理由の時もあります。

 

「親族に不幸があって故郷に帰る事になった」

「親の仕事を継ぐことになった」

等の深入りして良いのか解らない様な理由の時もあります。

 

しかし、私の経験上では最初に切り出される退職理由は本当の理由でない事が絶対です。

絶対と言い切るのはどうかと私も思いますが、私の場合は100%真の理由は別にありました。

 

真の理由は?

 

真の理由は大体

・(自信喪失)今の仕事を続けても上達する気がしない。もっと上手く出来ると思っていたのに上手く出来ない。最近何も上手く行かない。

・(不信感)上司から信用されていないと感じる。上司は自分に対してだけ冷たい。上司が仕事の責任を私に押し付けている。

・(孤独)同僚から信用されていない。同僚と上手くやれていない。会社で誰とも打ち解けられない。

に分けられていました。

 

本当の退職理由を聞き出すには

 

落ち着いて話せる場を設ける事で理由を聞き出す事は可能です。

理由を聞いておかないと、退職者を出した職場環境を改善する事は難しいでしょう。

 

個人面談の場を設ける

 

長丁場になる可能性が高いので時間を作りましょう。

そして、一対一で話せるようにセッティングしてあげます。

 

個人面談の形態をとる事で、話を聞き易くなります。

部下との信頼関係が十分に築かれていれば、聞き出すのは容易です。

 

しかし、そうでないならここから時間が掛かる事が考えられます。

 

話を聞く場合、退職にまで追い詰められた部下を労わる心が必要です。

 

間違っても、退職を切り出した部下を叱る事の無いようにしてください。

それは辞めてくれと言っているのと同義です。

 

 

話に矛盾が無いか聞く

先ずは、切り出された退職理由に真剣に対応してあげましょう。

部下本人に自覚が有るにしろ無いにしろ、粘って対応しようとするほど真の理由に近づきます。

 

部下は退職するのが目的になっている場合が大半なので

あなたが粘れば「その理由じゃしょうがないな」とあなたに言わせたくて次の理由を切り出してきます。

 

そして、大抵は退職理由に辻褄が合わなくなってきます。

(賃金が安いからと言っている部下が、賃金的に大差ない他の職業への転職話を始めたり、退職後の就職先に目途が立っていない話をしたり

または、他にやりたい事があると言っている部下が、そのやりたい事について何も勉強していなかったり等々)

 

辻褄が合わなくなったところで「それが本当の理由じゃないんじゃないのか」と言ってあげると観念して本当の気持ちを話してくれたりします。

 

あるいは、本人も逃げたい気持ちが勝って気付いていない場合があるので「その理由はおかしいのではないか」と指摘してあげましょう。

追い詰められていた部下は自分にも嘘をついてしまっている場合があります。

そういう場合には、一緒に本当の理由を考えてあげましょう。

 

相手は退職すると言っているので、後の事は気にせず本当の理由を言い出すまで粘って粘りまくりましょう。

ただし、叱る時と同じく「感情的になる」「嫌味を言う」「人格否定する」等の言動はしない様に。

 

なかなか理由を話しだしてくれずイライラするかもしれません。

ですが、真の理由が解るまでテコでも動かないと言う落ち着いた態度だと話してくれ易くなります。

 

可能なら対策を提案

 

部下が話した本当の退職理由に対して可能なら対策を行いましょう。

 

不信感が有るなら部下との信頼関係構築に向けて上司は態度を改める必要が有るでしょう。

自信喪失したら教育訓練の内容や方法を見直す必要が有るかもしれません。

 

対策しても、今回の退職は免れないかもしれません。

しかし、職場環境を改善しない限り以降の退職を防ぐ事も出来ません

 

まとめ:部下に退職を告げられた時は

 

  1. 部下から切り出される退職理由は大抵は本当の理由ではない
  2. 自信喪失、不信感、孤独が理由の場合が大半
  3. 個人面談で本当の理由を聞き出す
  4. 聞き出す際は話の矛盾点をつく
  5. 一緒に本当の理由を考えて、可能なら対策してあげる

 

本当に外部環境の問題によって退職する人はわずかです。

就職するにあたって退職する予定の会社に就職する人は少ないためです。

 

なので、退職される場合は職場環境に問題が有るとみて間違いないでしょう。

 

上司は、退職者が出た場合には環境要因にせず自分の部署の管理を疑うべきです。

退職者を出した上司として当事者意識をもって対策を講じましょう。

 

退職者が出た事は惜しいですが、退職を無駄にしない職場環境づくりを行う事をお勧めします。

 

この記事以外の信頼関係の構築方法の記事は、こちらにまとめてあります。

 

また、部下の退職対する対応をまとめた記事は、こちらになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です