上司と部下の信頼関係を築く方法は?リーダーとして振る舞うための総まとめ

上司と部下の信頼関係を築く方法は

部下にスムーズに仕事を行ってもらうためには信頼関係の構築が必要不可欠です。

 

信頼関係と言うと、仲良しなグループの様な物を想像する人が居ますが仲が良い事と信頼関係が成立する事は必ずしも同じではありません

仲が良いだけのグループは厳しい業務には耐えられません。

 

ここでは、上司としての役割を果たすために部下との間に信頼関係を築くためのまとめ記事をまとめてあります。

 

上司と部下の信頼関係

 

信頼関係と友好関係は違います。

上司になった時点で、この違いに気付いている人は少ないです。

 

信頼関係のあり方

 

信頼関係と友好関係の違いを理解していないと、信頼関係を築けたとしても維持するのは難しいです。

 

上司と部下は仲良しになる事は出来ません。

それは、厳しい業務を行う中で仲の良さは甘えの温床となるからです。

 

ここでは、上下関係の意味や上司が部下に好かれたり嫌われたりする事のメリットや弊害。

そして、信頼関係形成に感謝を伝える意義についての記事がまとめてあります。

 

関連記事

 

信頼関係の構築手段

 

信頼関係を構築するには、部下の話を聞いて要望に応える必要があります。

要望に応えると聞くと、部下の言う事を無条件で聞いてあげる印象ですが違います。

 

上司は基本的に話しかけ難い存在であるため、部下とのコミュニケーションは不足しがちです。

そしてコミュニケーションの不足は信頼関係構築の足かせになります。

 

ここでは、部下との効果的なコミュニケーションの取り方や対話時の話の聞き方。

コミュニケーションを通しての信頼関係構築や心理的安全性の向上についての記事がまとめてあります。

 

関連記事

 

信頼関係構築が難しい状況

 

信頼関係構築が難しい状況や状態もあります。

話しかけ難い部下や、業務と部下の要望で折り合いがつかない場合等がそれにあたります。

 

状況毎の部下との接し方

 

特殊な状況だと感じる場合でも、基本的な方法は変わりません。

上司は、部下との信頼関係構築と維持に重きを置いて行動する方がリスクが無いからです。

 

ここでは、話しかけ難くい部下や判断しにくい状況で信頼関係を維持する方法。

誤解を招かないためのルール作りについての記事をまとめてあります。

 

関連記事

 

 

退職者の増加は信頼関係不足

 

退職者が出るのは、多くの場合は部署の信頼関係の構築不足が原因です。

つまり、上司の管理不行き届きです。

 

こう書くと、会社の状態や社会情勢の影響を言い出す人もいます。

ですが、どんな状況でも信頼関係が構築されていれば無為に退職者を出す事は有りません。

退職者への対応

 

突然退職を切り出されてしまったら、間違いなく部署の管理は行き届いていません。

 

上司は、適切な振舞であれば部下の心理的な状態の変化にも対応できます。

突然切り出されるのは部下の状態を見ていなかったために対応できなかったと言う事です。

 

ここでも信頼関係の構築が重要です。

信頼関係があれば、退職に至るよりも先に部下の方から相談してきます。

 

ここでは、信頼関係の構築により退職を防ぐ方法。

そして、退職を切り出されてしまった際に退職希望者と面談して部署の問題点の改善を行う方法をまとめてあります。

 

関連記事

 

まとめ:上司と部下の信頼関係を築く方法は

 

上司は部下無くして上司たりえません。

そして、部下は信頼関係が成立しなければ厳しい業務で最大の力を発揮する事もありません。

 

信頼関係の構築は部署を管理する上でも要になります。

部下の指導教育の効果も信頼関係が有るほど高まります。

 

信頼関係は上司の管理業務を円滑にするために必要です。

どんなに厳しい状況にあっても、先ず信頼関係を意識した振舞をお勧めします。

 

このカテゴリーに関するまとめ記事を全てまとめた「全まとめ」記事はこちらになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です