上司は感謝を言葉で伝えた方が良い?部下の仕事に「ありがとう」は必要?

上司は感謝の言葉を伝えた方が良い

こんな事を書いていますが、私も感謝の念を言葉に出来るようになったのは最近です。

仕事は規則、基準で動いており、部下が上司に従うのは当たり前だと思っていたからです。

 

しかし、上司も部下も人間なので感情があります。

やる気が有る方が仕事の出来は良くなりますし、辛さも感じにくくなります。

部下に感謝を伝える事は、やる気を引き出します。

 

部下に感謝を伝える意味と意義について書いています。

 

上司は部下に支えられている

 

当たり前ですが、部下が居ないと上司ではありません。

 

上司は目標やルールに関して部下に厳しく接する必要があります。

しかし、部下を蔑ろにして良いことにはなりません。

 

部下が居ないと上司ではない

 

部署の管理を上司として行う時、部下が一人も居ないのであれば上司の役職は不要です。

管理するものは部署という物だけになり指示、指導する人がいないからです。

 

部下が居る時、部署の仕事を最前線で行うのは部下の方です。

部下が居なければ上司がすべての仕事を行う必要があります。

 

つまり、部下が全ての業務を上司の代わりに行ってくれていると言えます。

 

部下のフォローが上司の仕事

 

上司は部署の管理を行います。

その中には部下の管理も含まれます。

 

部下が効率良く働くようにフォローするのも上司の仕事です。

効率良く働くためには知識や技術も必要ですが、同時にやる気も必要になります。

 

仕事をするのも上司の指示に従うのもルールです。

しかし、何の感謝もないよりは有ったほうがやる気が出ます。

 

「ルール通りだから何も言う必要がない」

と言う考えは、部下を精神的にフォローする気がないと考えているのも同じです。

 

感謝の念がないと破綻する

 

言葉にできなくても感謝を感じているなら、まだマシです。

しかし、全く感謝の念が無いと言うなら業務はいつか破綻します。

 

部下は人間

 

会社の規則や基準は個人の感情を反映するようには出来ていません。

個々人の感情を反映していては規則は成り立たないからです。

 

しかし、仕事を行っているのは人間です。

人間には感情があります。

 

人の感情は規則で完全に縛る事はできません。

規則だけで人を動かし続けると破綻します。

 

人は日々の仕事にもやり甲斐等の意義を見出そうとします。

感謝の念がない職場では働く意義は感じ難いでしょう。

 

働く意義が無い事は、特に問題もなく業務を行っていた部下がある日突然退職したりする原因の一つになります。

 

感謝の念がないと管理できない

 

部下の仕事に感謝を感じないとしたら、あなたは部下を物とし見ていることになります。

 

相手が物だと思っていては、物に対しての管理能力しか発揮できません。

つまり、部下の精神面をケアできない上司になると言う事です。

 

先にも書いた通り部下も人間です。

人間は、ロボットと違い感情を持って動いています。

 

部下の行動を理解する時に感情を理解する事は必要な事です。

 

感情を排して仕事を行う規律を持つ事と、感情など無いと考える事は違います。

 

部下の感情面が理解できない上司は、部下の能力を最大限に発揮する事は出来ません。

結果、感謝を忘れた上司の元では感情的な問題が多発する様になります。

 

感謝を伝えるメリット

 

感謝を言葉にする事には仕事上のメリットがあります。

部下に感謝の念を抱く事で、部下の管理にも目端が聞くようになります。

 

承認欲求が満たされる

 

お礼を言われると仕事に意義がでます。

お礼は御褒美にはあたりませんが、部下はお礼を言ってくれた相手に認められたと感じます。

 

人は常に承認欲求が満たされるのを望んでいます。

感謝される事はで承認欲求が満たされます。

そして、やる気が出るようになります。

 

部下に感謝を伝えることで、部下は行った仕事に意義を見出します。

そして、次の仕事へとスムーズに取り書かれるようになります。

 

つまり、「何でこの仕事をやっているのか」と言う思いに取り憑かれなくなります。

 

感謝を伝える事は、マンネリ化するルーチンワークを意義のある仕事に変える効果があります。

 

褒める事と感謝は違う

 

わたしは、他の記事で褒めるのは良くないと書いています。

 

関連記事

 

褒める事は、褒めた相手の仕事の目標の基準を下げる恐れがあるからです。

 

しかし、今日まで部下に感謝の念を伝えた感じでは、そういったデメリットはありません。

私も他人から感謝されて「じゃあ次からはもう少し下の基準でも良いか」とは思いません。

 

感謝の言葉には、デメリット無く部下のやる気を引き出す効果があります。

ですが、褒めるのはデメリットがあります。

 

褒める事と感謝を伝えることは似て非なる事です。

まとめ:上司は感謝を言葉で伝えた方が良い

 

  • 上司は部下に支えられていると理解する必要が有る
  • 部下の仕事に感謝の念があると管理も行い易い
  • 感謝を伝えると部下のやる気を引き出せる
  • 褒める事にはデメリットが有るが感謝にはデメリットが無い

 

仕事に限らず、自分の力だけで行えない物事を行っていて成功する人は他人への感謝の気持ちを持っています。

 

上司は部署の管理を自分だけで行っている訳ではありません。

協力してくれている部下、上司、その他の人が居ます。

 

それらの人達への感謝を忘れると何れ態度に出て相手に伝わります。

協力者が居なくなった上司は簡単に仕事が破綻します。

 

日頃から感謝を感じ、部下に伝える事によって部下のやる気を引き出しスムーズに仕事が行えるようにフォローする事をお勧めします。

 

この記事以外の上下関係や上司の立ち振る舞いについての記事は、こちらにまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です