仕事が出来ない部下にはどう対処する?出来るように指導教育する方法のまとめ

仕事が出来ない部下にはどう対処する?まとめ

仕事を覚えるのが遅かったり、精神的に未熟な部下も居ます。

上司からすれば、何回も同じ指導をしなければならなかったりする厄介な部下です。

 

しかし、厄介な部下ほど丁寧に指導しなければなりません。

 

ここでは、未熟な部下の育て方についてまとめています。

 

 

部下が仕事の要領が悪い場合の指導、育成

 

仕事を覚えるのが遅かったり、仕事というものを理解してくれなかったり。

要領が悪い部下の指導、育成方法です。

 

指示待ち人間を指導するには

 

部下が指示待ち人間と化すのは、上司が全て指示してしまうからです。

 

上司でなくても人は物事を自分で思うように動かしたい欲求があります。

このコントロール欲求と言うものによって、部下に仕事の要領ではなく答えを教えて動かしてしまいます。

 

自発的に動く部下に育てるには、自分で考える様に育てる必要があります。

その方法について書かれている記事がこちらになります。

 

関連記事

 

部下が自発的に仕事するように教育するには

 

せっかく指示待ち人間を指導できるようになっても、上司が正しい指導を続けないと部下は自発的に行動しません。

部下が自分で考えて仕事を進めるには、そういう風に教育していく必要があります。

 

ここでは、部下が自発的に行動するにはどういった教育が必要かを書いています。

 

関連記事

 

 

他人より要領が悪い部下を指導するには

 

要領が悪い部下は、どこに力を入れて良いか解っていない部下です。

 

仕事を早くするには段取りを終わらせておくのが一番です。

そして、一番仕事が出来る人の仕事方法を模倣出来る様にマニュアル化してあるのが最良です。

 

ここでは、要領の悪い部下を育てる際に問題点の調べ方と解決方法を書いています。

関連記事

 

部下が精神的に未熟な場合の指導、育成

 

単に仕事が出来ないだけでなく、精神的に幼い部下も出てきます。

特に新卒社員に多い、精神的に未熟な社員の指導方法です。

 

責任感の無い部下を指導するには

 

責任感も最初から備わっている訳ではありません。

上司が指導したからと言って、最初から仕事に全力で挑んでくれない部下も存在します。

 

仕事中の居眠りは、会社で余程の無理をさせていない限りは私生活の乱れが原因です。

 

もちろん私生活で問題を抱えている場合もあります。

そういった場合に、ここでは個人的な問題かどうかを上司が確認し、必要ならば解決する方法を書いています。

関連記事

 

メンタルの弱い部下を指導するには

 

失敗したときに、特に強く指導しなくても泣き出す部下も居ます。

特に異性に泣かれた場合、上司としてはつらいと思います。

 

しかし、ここで対応を間違うと部下の成長に悪影響が出ます。

 

ここでは、こういった場合に、どのように指導を続けるべきなのかを書いています。

関連記事

 

部下が仕事が出来ないときの上司の考え方

 

仕事が出来ない部下を人並に育てられる上司は優秀で得難い存在です。

出来ない部下は上司を大きく成長させます。

 

出来ない部下ほど粘り強く育てる意義は

 

仕事が出来ない部下を育てるのは、上司にとって辛い事かもしれません。

しかし、出来ない部下を育てるメリットは大いにあります。

 

退職率が低いのも、信頼関係を築き易いのも出来ない部下の特徴です。

 

そして、出来ない部下ほど部署の改善点を上司に考えさせます。

 

上司の成長は出来ない部下と共にあるといっても過言ではありません。

関連記事

 

部下をえり好みする上司は信頼されない

 

部下を使えないと見限る上司も居ます。

しかし、部下を育てるのが上司の仕事です。

 

使えない部下と言う言葉は、使う能力がないことの現れです。

どんな部下でも育てられるように上司自身が成長することが必要です。

 

関連記事

 

まとめ:仕事が出来ない部下への対処は

 

上司は出来ない部下こそ真摯に教えるべきです。

出来ない部下が上手く出来ない部分は、仕事のシステムに問題がある場合が大半です。

 

そして、出来ない部下が育たないのは上司の教育能力が未熟な証拠です。

 

出来ない部下の教育を通して部署の、そして上司自身の成長機会を得られるので真摯に対応することをお勧めします。

 

この他の部下育成に関わる全ては、こちらの記事でまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です