上司との付き合いが苦手?上手い対応方法や乗り切り方のまとめ

上司との付き合いが苦手

組織で仕事をする以上、必ず上司が居ます。

 

上司は自分に指示を出してくる存在であり、仕事のやり方に、出来栄えに口を出してくる存在です。

そのため、どうしても煙たい存在になりがちです。

 

尚且つ、基本的には年上である事が多く、立場の違いから話しかけ難く感じます。

 

ここでは、上司指示や要望への対応方法と、上司の振る舞いに対する対処法について書いた記事をまとめてあります。

 

 

上下関係

 

上下関係には意味が有ります。

意味のないものは組織で運用されません。

 

上下関係の意味とメリット

 

上下関係を正しく理解している人は少ないです。

これは、上司という立場の人の中にも散見されます。

 

仕事の上下関係とは身分とは違います。

あくまでも役割の違いを表すだけです。

 

この事を理解していない上司は部下に尊大な態度で仕事を指示してしまいがちです。

そして部下の方は不遜な態度で応対してしまいます。

 

円滑に仕事を行うためには上下関係の本当の意味を理解する必要があります。

 

ここでは、上下関係の本当の意味と正しく運用する事のメリットを書いています。

 

関連記事

 

上の立場の人との付き合い

 

上司と言う存在に相対するのは、社会に出てからが初めての場合が多いです。

そのため、最初はどういう風に付き合えば良いのか解りません。

 

上司との付き合いに限らず、仕事での人付き合いは交友関係と同じではありません。

友達付き合いの経験は全くでは無いですが役に立たないと思って良いです。

 

ここでは、仕事での上司との付き合い方について書いています。

 

関連記事

 

上司の指示、指導教育

 

上司は部下に指示する事、そして部下を育てる事が仕事です。

 

指示を出せない上司は部署を運営できません。

部下を育てられない上司は、役割を果たせていません。

 

上司の指示

 

上司の指示は、上司の知りえる情報から判断されて出されています。

この情報には上司より上の立場から提供されている情報が含まれます。

 

そのため、部下の方では上司の真意が伺い知れない場合が多々あります。

そういった状況で、指示内容が直ぐに変更になる事に不安や不満が募る事もあるでしょう。

 

ここでは、指示が直ぐに変わる原因と部下としての対応方法を書いています。

 

関連記事

 

上司の指導

 

上司は部下を育てるのが仕事です。

そして、育てるのと教えるのは違います。

 

部下を育てるためには、部下が考えれば解る事まで答える訳にはいきません。

そのため、上司は質問に答えず叱責する可能性もあります。

上司に何でも質問すれば答えてもらえるのは、何の知識もない初期の時だけです。

 

ここでは、上司に質問した際に叱責された場合の原因と対策方法について書いています。

 

関連記事

 

上司の教育

 

上司は部下を教育するのが仕事の一つです。

しかし、教育は大変難しい技術の一つで残念な事に習得している上司は少ないと言えます。

 

上司に指導を受ける際、明らかに教える気がないと感じる事もあると思います。

そして、上司は部下の教育が仕事の一つと書いていますが大体の会社は教える事を義務化していません。

 

そのため、教えるのが苦手な上司は業務に逃げてしまい教育を後回しにしてしまいがちです。

 

ここでは、上司が教育が苦手な場合の原因と部下の側で行える対策方法について書いています。

 

関連記事

仕事で評価を得る

 

仕事で評価を得なくても良いと言う人は少ないと思います。

せっかく働いているのですから、良い評価を得て昇給や昇進に扱ぎ付けたいはずです。

 

上司だけが評価する

 

評価を得られない時、大抵の場合は評価と言う物に誤解があります。

 

評価をするのは直属の上司だけです。

それ以外の誰が評価したとしても、それは仕事の評価にはなりません。

 

このそれ以外と言う人には自分自身も含まれます。

つまり、自己評価も評価では無いと言う事です。

 

ここでは、評価を得るために知るべき事と、評価を得る仕事の仕方について書いています。

 

関連記事

 

まとめ:上司との付き合いが苦手な時は

 

上司が居ない会社は有りません。

ですが、上司との付き合いは、あくまでも仕事の付き合いです。

 

上司との間に必要なのは、それぞれの立場で安心して仕事を任せられると言う信頼関係です。

上司は部下をフォローしなければいけませんし、部下は上司の要望に応えられなければなりません。

そのためには、部下は上司に何を求められているかを常に知っておく必要があります。

 

上司との間に問題を起こさないために、報連相の際に要望を確認しておきましょう。

そして、要望どうりに仕事を仕上げる事で信頼関係を構築していくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です