新入社員でも仕事が遅いのは許されない?時短のコツや方法のまとめ

新入社員でも仕事が遅いのは許されない?時短のコツや方法のまとめ

入社したばかりの頃は仕事は遅いものです。

しかし、遅くても許される訳ではありません。

 

仕事はチームで行っているため、一人が遅れると皆の仕事に悪影響が出ます。

他の人の時間を奪わない配慮が必要です。

 

ここでは、いかに仕事を早く行うのか。

そして、他人の時間を奪わないためにはどこに配慮するべきか。

新入社員の時間に関する記事をまとめてあります。

 

 

仕事を早く進めるには

 

時間を無駄にしないためには仕事を早く進める必要があります。

早く進める事が出来れば余裕が生まれます。

 

段取り良く仕事をする

 

仕事を早く進めるためには準備に時間をかける方が有効です。

 

仕事には自分だけで行えるものは少なく、必ず何らかの人や物が必要です。

それらの準備を怠ると、足りない人や物が出る度に仕事が停滞します。

その停滞が積み重なって仕事が遅くなってしまいます。

 

ここでは、仕事の段取りと優先順位の付け方について書いています。

 

関連記事

 

工夫して早く終わらせる

 

新入社員の間は意義を見出せない単純作業を任される事も多々あります。

しかし、意義や意味のない仕事に会社は給料を払いません。

必ず意味が有ります。

 

意義を見出せなくても、自分で工夫して仕事を効率化する事は後のためにもなります。

 

ここでは、仕事が辛い原因が何かと工夫して効率化する意義を書いています。

 

関連記事

 

人の時間を大切にする

 

仕事が遅いと他人の時間を奪います。

そして、社会で一番信用を失うのは他人の時間を軽視する行動です。

 

メールの返信は早めにする

 

メールの返信は出来る限り早めにする方が良いです。

 

返信が無ければ、メールを出した側は読んで貰えたかすら判りません。

そのため、要件が伝わったか迷いますし催促のメールを改めて出す必要に迫られます。

これは相手の仕事を増やしているのと変わりません。

 

ここでは、メールを返信タイミングや返信内容について書いています。

 

関連記事

 

 

予定に影響する事は早めに連絡する

 

急な予定変更は仕事の効率を下げます。

 

仕事の予定を管理しているのは上司です。

上司の予定を狂わせる行動の中に、急な退社があります。

 

社員は各々プライベートもあり、定時退社や早退もやむを得ない時もあります。

その場合でも、早めに連絡する事で予定変更の猶予が出来ます。

 

ここでは、早めに帰る場合は出来るだけ早く連絡する方が良い理由を書いています。

 

関連記事

 

 

遅刻しない

 

当たり前ですが、遅刻は最も信用を失います。

 

予定に遅れてくる人を信用する人はまずいません。

会社に遅刻する人が期限通りに仕事を仕上げてくれるとは誰も思わないでしょう。

 

これは出社時間だけに限らず、会議の時間や面会時間等全てに当てはまります。

遅刻だけは理由が有っても避けるべきです。

 

ここでは遅刻をしない方が良い理由と防ぐために出来る努力を書いています。

 

関連記事

 

まとめ:新入社員でも仕事が遅いのは許されない

 

仕事に慣れるまでは、時間が掛かるのはしょうがないかもしれません。

ですが、仕事は組織で行っているので遅れれば皆に迷惑が掛かります。

 

他人の時間に真摯になれば信用はおのずと付いてきます。

時間を節約しようとすれば、仕事は効率化されていきます。

 

仕事に限らず、どんな事も時間を意識して行いましょう。

そして、自分の時間と共に他人の時間も大切にする事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です