仕事はつまらないし暇過ぎて苦痛?やる気が出て楽になる方法がある?

仕事はつまらないし暇過ぎて苦痛

仕事はつまらない物かも知れません。

特に新入社員であったりと最初の内は、単純作業や意義が見出し難い作業を任されがちです。

 

ですが、本当に意義が無い仕事は有りません。

そんな仕事がをやらせていれば会社はわざと損をしているのと同じです。

 

では、意義が見出し難い単純作業にはどう向き合えばいいのでしょうか。

単純でつまらない作業の行い方や考え方を書いています。

 

つまらない仕事の重要性

 

つまらない仕事でも意味は有ります。

意味も意義もない仕事をさせるために給料を払う会社は有りません。

 

必要ない仕事はない

 

どの仕事も誰かの単に必要です。

例えば、野球で球拾いをするのもグラウンドをトンボ掛けするのも野球をスムーズに行うためです。

 

仕事での雑用は皆が仕事だと思っている業務をスムーズに行うために必要です。

コピーを取るのもお茶を出すのも業務が滞らない様にしているのです。

 

不要な仕事が会社に存在すれば、企業は利益にならない事のために従業員に給料を払っている事になります。

 

信頼できるかを見られている

 

特に新入社員の内は出来る仕事に限りがあります。

そういった時に雑用を任せるのは、仕事に対する姿勢を見るためです。

 

雑用でも出来る限り工夫して行ったり、誰よりも早く終わらせようとする人は信頼できます。

それは、今後仕事を任せた時に工夫して素早く行ってくれると思えるからです。

 

逆に雑用だから手を抜く様なら仕事を選り好みしていると思われてしまいます。

雑用でも手を抜くのは信用を損なってしまいます

 

なぜ辛いのか

 

必要な仕事ですが、辛いのは何故でしょうか。

これにはれっきとした理由があります。

 

受け身になると辛い

 

どんなに仕事が出来る様になっても、複雑な仕事を任されても他人に仕事の全てを決められているうちは辛いです。

 

仕事を楽しそうに行う人は、総じて仕事に対して前向きです。

この前向きと言うのは、仕事を自分でコントロールしようとすると言う意味です。

 

人にはコントロール欲求と言う物が有ります。

物事を自分の思い通りにしたいという欲求です。

 

上司から仕事を頼まれた時に、上司の要望通りに仕上げるのは大事な事です。

しかし、要望に対してしか動かない事に苦痛を覚えるのが人間なのです。

 

一味違う結果を出す

 

受け身だと辛いので、少し工夫すると辛くなくなってきます。

 

例えば

上司が指定した納期より早めに終わらせようとする。

貰った仕事の出来具合を良くするのに何かできる事が無いか考える。

等です。

 

上司の要望以上の結果を出そうとすると、自然と自分から新しい事を始める事になります。

自分から行っている事は、自分がコントロールしている部分です。

 

このコントロールしている部分が増えるほど、仕事は辛くなくなります

そして、コントロールしている部分が上手く行くと面白くなるはずです。

 

自分の利益になる方法

 

自分から進んで仕事をすれば辛くなくなります。

そして、その事で自分の能力が鍛えられます。

 

工夫する方法を学ぶ

 

今受け持っている仕事に対して自分が出来る事を考えましょう。

そのためには、仕事の意味や意義を上司や先輩に確認すると良いです。

 

何のためにしている仕事なのかが解ると、工夫する方法も見えてくるはずです。

そうすれば、仕事を行う際に少し工夫して終わらせて提出しましょう。

 

仕事に付加価値を付けられるのは後々どんな仕事をする際にも強みになります。

 

単純作業は早く終わらせる

 

これ以上工夫できない単純作業なら、受け身になり過ぎない様に自分なりにノルマを決めるのが有効です。

 

例えば、コピーを取るにしても前回より早く行ったりコピーをスムーズに行う機能を調べたりする等です。

単純作業故に、少しでも工夫して早く終わらせる方が良いでしょう。

 

どんなに知識を身に着けて昇進したとしても単純作業を行う時は出てきます。

その時のために、どんな作業でも工夫して素早く終わらせられる考え方を身に着けておく方が良いでしょう。

 

まとめ:仕事が暇過ぎて苦痛な時は

 

  1. 会社に不要な仕事等無い
  2. 仕事のやり方で信頼できるかを見られている
  3. 受け身になると仕事は辛い
  4. 自分で工夫しようとすると辛くなくなる
  5. 単純な作業程工夫して早く終わらせるようにする

 

仕事は毎日行われます。

この時、仕事に対して前向きに行えるようにしておくと仕事以外も前向きに行えるようになります。

日々の仕事を通して作業を効率化する事を身体が覚えていきます。

 

そうする事で、どんな事でも工夫して素早く行えるようになっていきます。

 

仕事は生きるために必要な手段です。

ですが、受け身になり過ぎると長時間の仕事でも何も得られません。

 

せっかく長い時間を職場で過ごすのなら、自分を鍛えてプライベートでも物事を効率よく行えるように成長する場として利用するのをお勧めします。

 

この記事以外の新入社員が仕事をする時の時間管理に関する記事は、こちらにまとめてあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です