職場のルールを守るには?部下に規則を守らせる方法のまとめ

職場のルールを守るには

管理職は自部署の規律を守る必要があります。

規律を守りきれないと、部下が好き勝手に仕事してしまい管理職は部下の仕事の後始末に追われることになります。

 

規律を守るには強いリーダーシップが必要です。

リーダーシップの発揮の仕方とルールの守らせ方。

そして規律が乱れると、どんな事が起こるのかを書いた記事をまとめてあります。

リーダーシップを発揮する

 

頼りにならない上司の言うことは部下も聞き入れてはくれません。

聞き入れてもらえないので、当然ながら規律も守られません。

 

リーダーシップとは何なのか

 

リーダーシップは特定の人だけが持つ才能ではありません。

むしろ、努力によって日々積み上げていく物です。

 

そして、リーダーシップを身につけるためにする事は

 

決める事。

責任を取る事。

この二つだけです。

 

ここでは、誤解されがちなリーダーシップの本質と、身につけ方について書いてあります。

関連記事

 

リーダーシップに必要な決断力を付けるには

 

リーダーシップの本質は決める事と責任を取ることです。

そのうち決める事は素早く決められるほど好印象です。

 

素早く決断する。

この決断力を得るためには本人の能力だけでなく、部署の仕組みが重要です。

 

ここでは、決断するための情報をリーダー本人に集約する仕組みづくりについて書いています。

 

関連記事

 

ルールを守らせる

 

どんなに部署の仕組みが優れていても、仕組み通りに部下が仕事をしないのでは意味がありません。

リーダーは部署のルールを部下に守らせる必要があります。

 

ルールを守らせる方法

 

仕事は必ずルールの元で行われている必要があります。

 

ルールが守られていないと、問題発生時に原因を調べるのが難しくなります。

さらに、仕事の出来栄えは運任せになります。

 

ここでは、ルールを部下に守らせるために必要な事と上司がすべきことを書いています。

 

関連記事

 

ルールを守りきれないと起こる事柄

 

ルールが守られず、部署の規律が緩んでくると様々な問題が発生します。

部署内での喧嘩やイジメ等の問題も、部下のモラルではなく部署の規律の問題です。

 

ここでは、部署の規律が緩んだ際に起こる喧嘩等の問題と対応策を書いています。

 

関連記事

 

まとめ:職場のルールを守るには

 

上司という立場になったときから、リーダーシップを発揮して部署を導くのが仕事の一つになります。

 

リーダーシップの発揮というと難しく感じるかもしれません。

しかし、リーダーがすべき事は決断して責任を取るだけです。

 

報連相もルールも、それらを補うための手段でしかありません。

 

決める事と責任を取ることから逃げてしまわず、強いリーダーシップを発揮出来る存在に成るように研鑽を積んでいきましょう。

 

この記事以外の部署を管理するための記事をまとめたものは、こちらになります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です